« 白夜行 第六話 | トップページ | 白夜行 第1話をちょっとレビュー »

2006年2月24日 (金)

白夜行読破しました

ようやく白夜行を読破しました。

byakuya

こんな分厚い本を読んだのは、何年ぶりでしょうか?
とても面白くて、読んでよかったです。
読む楽しみが減ってしまって残念でもあります。

テレビドラマでは、亮司と雪穂の愛に焦点が当てられていますが、本の方で描かれているのは、亮司、雪穂のそれぞれに関係する出来事、そして、関係者に起きる事件についてのみ。
最終的には、笹垣刑事の捜査、推理によって、それらの事件が、亮司の父親殺しに端を発した一連の事件であることが明かされるわけです。
読者は、それらの事実を通して、亮司と雪穂の生き方やお互いに対する気持ちを想像するしかありません。

その二人の関係にスポットを当てたのが、テレビドラマと言うことになります。今後どのように展開していくのかわかりませんが、小説に描かれている雪穂は気のせいかドライな感じがします。でも、亮司はというと雪穂を愛していて、自らが犠牲になることを厭わなかったと見える。ずっと手を汚して色々なことをやってきたし、最後も捕まりそうになったとき、多分、自ら死を選んだのだろうと想像する。

本の最後の解説で馳星周が「白夜行」をノワールと表現しています。
このノワールという言葉を私は初めてききました。
人間の暗い側面、邪な断面を描く小説だそうです。
映画だと、フィルム・ノワールと呼ぶようです。

確かに暗い話なのだけれど、引き込まれてしまうのは何故なんだろう?
やっぱり、最初の事件がキーポイントでしょうか。
とてもユニークだしインパクトがあるし、事件が起きた状況が、その後の二人の関係を決定づけているのではないかと思うので。

最後に余談ですが、私は、昔、読書感想文なるものを、最も苦手な物の一つとしていたのだけど、何で今こんな事書こうと思ったんでしょうか?
とても不思議です。

|

« 白夜行 第六話 | トップページ | 白夜行 第1話をちょっとレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147422/8810136

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行読破しました:

« 白夜行 第六話 | トップページ | 白夜行 第1話をちょっとレビュー »