« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

グータンヌーボ 黒川智花さん出演

グータンヌーボ 2006/8/30 放送 フジテレビ(制作 関西テレビ)

実はこの番組は滅多に見ないのですが、たまたま、テレビを付けたら、
黒川智花さんが出演しているではありませんか。
というわけで、急遽HDレコーダの録画ボタンをON。

前半は、江角マキコ、市川結衣との対談ですが、とにかく、
黒川智花さんが可愛らしい!!

江角さんが現れたときに立ち上がってお辞儀する姿。
ちょこんと椅子に座って、ピンと伸びた背筋の美しさ。
美しい弧を描いた目の上側のライン。
口に手を当てて笑うところがすてき。

ドラマでは見られない、彼女自身のいろいろな表情やしぐさが
見れたのが良かったです。

彼女は、なんでも、沢村一樹、阿部寛、明石家さんま
といった年上の方が好みらしいです。
じゃあ、私も頑張るかって、何を頑張る?

黒川智花Official Web Site 
Wikipedia での紹介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

耳について離れない曲

佐伯紅緒blog  助けてください。

たらこキューピー行進編

たしかにこれは耳について離れないくせ者だ。

昔、テレビで頻繁に流れていた頃、通勤中も仕事中もふと頭に浮かんでしまったものだ。しかも問題は、この曲が好きじゃないという事だ。
なんで好きでもない曲が忘れられないのだろうか???

チューリップ 虹とスニーカーの頃
http://www.clubdam.com/dam/leaf/songDownloadLeaf.do?contentsId=4069911

なども耳から離れなくて困ったものだった。
熱烈なチューリップ ファンの皆様、ご容赦を  m(_|_)m

でも、実は心の奥底では求めていたりして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

コマネチ大学数学科 第17講

コマネチ大学数学科 第17講 

タイトル:割当問題
放送    :2006/8/17
講師    :中村亨先生

線形計画法が関係するとのことだが、正直言って今回はよく理解できなかった。
とりあえず問題を掲載することにしよう。

>> 2006/9/16追記 分かってきた気がする。


Koma17b
[問題]
A、B、C、D、E  5人の野球選手がいます。各選手の守備
能力が図のような数値の時、それぞれどのポジションにつかせるのが最も良いでしょうか?



まず、各行のそれぞれの数値からその行で最も小さい数を引くのだが、ここまでは理解できると思う。マス北野も同じ考え方だ。

Koma17a_2







この状態で強引に解けなくもない。
しかし、中村先生はさらに操作を続ける。
それは以下のような手順だった。

1)  「0」のない列だけ、列の中で一番小さい数を0を引く。
2)  全部から1を引く
3) 「0」が複数入っている行・列に「1」をたす。

最終的に下表のようになる。
Koma17c_1







正解は1塁から順に、C,E,B,D,Aとなる。

というわけです。
わかんないのに書くなよ、と言われそうですがご容赦を。


<2006/9/16追記>
人の方にばかり着目してましたけど、守備位置の方から見ても同じなのですね。
1列に同数を加えても、1行に同数を加えても良いのか・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

結婚できない男 第8話

結婚できない男 第8話 犬がキライで悪いか!!

フジテレビ 2006/8/22

今日もまた新たな桑野氏(阿部寛)の趣味が明らかに・・・それは模型マニア。
タイタニックを組み立てちゃってますから。

ところが、スクリューが1個足りないことに気づいた桑野。「もう1セット買うか」って、そう来ると思ってました。
それで、買ってきた袋をよく見ると、TOKYU HANDSじゃなくて、TOKYO WANDSだ。

今日も桑野の毒舌が炸裂です。
「やっと使えたな」と犬のえさ入れに使おうと取り出した皿。それは、早坂先生(夏川結衣)の父親の結婚式の引出物だ。
犬を預かって欲しいと頼まれれば、「保健所に引き取ってもらえば」
犬を引き取りを電話で申し出た早坂先生には、
「今、不敵な笑みをこっちに向けてますよ。」
「まあ、結構ですよ。いやもうちょっとねこいつを研究してみたくなりましてね。」
「まあ、生きて返しますよ。それじゃ・・」
などなど。笑えるせりふが一杯。

ケンちゃんにタイタニックを壊されたと誤解した桑野は、早坂に引き取ってもらうが、後で、風に揺れたカーテンのせいだと気づいた桑野。いなくなったケンを柄にもなく一生懸命捜してしまったりして、見つけたとき互いに見つめ合う桑野とケンちゃん。
まるで、昔のどっかの消費者金融のちわわのCMじゃ。

●今日のクラシック
 さて、今日はまた思いっきり指揮しまくりでしたが、
 マーラー第5番 何楽章だっけ? それからもう一曲。
 モーツアルト 交響曲第40番 で良かったかな?

●もろもろの疑問はこちらへ・・・
 http://www.ktv.co.jp/shinsuke/qa/index.html

●そして、金田のホームページ
 ちょっとパーティーに行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月22日 (火)

新・人間交差点 第1回

新・人間交差点  第1回 引退記者のファイル
NHK総合 2006/8/19  21:00-

NHKならではのドラマといった感じ。ちょっとジーンとさせられて、なかなかいい話しだ。
原作のビックコミックス、人間交差点(矢島正雄)のタイトルは知っていたが、実は全く読んだことはないので、今回のドラマで登場人物も何もかも知った。

配役は、仲代達矢、赤木春恵というベテラン俳優が起用され、安心感がある。
サトエリ、佐藤江梨子、は新人記者、富岡マリエ役を演じる。20年前に記者をやっていた仲代達矢扮する寺島由次といっしょに昔取材した女性を訪ねる。
当時の女性を演じるのが、加賀美早紀結婚できない男 第4話で、はとバスのバスガイド役として出演していたので、ご覧になった方は、印象に残っているだろう。



仲代達矢といえば、古い話で恐縮だが、NHK大河ドラマの「新平家物語」(S47)で平清盛を演じたときの、ぎょろっとした目があまりに印象的だったが、このドラマ中では、白髪で目が小さく見えて、言われなければ仲代達矢とは気づかっただろう。本当に歳とったものだ。

そして、いつも思うのだが、サトエリの足は少女漫画並に長い!!
最も強調されていたと思うのが、黄色いフォルクスワーゲンのボンネットに腰掛けるシーンだ。普通の人だと寄りかかるのがせいぜいで、タイヤハウスの上にはおしりが載らないと思う。

さて、この番組は3回シリーズで、回数は少ないのがちと寂しいが、次回も見てみることにしよう。
次回は、第2回「赤ひげの歳月」 8/26 21:00-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

結婚できない男 第7話

結婚できない男 第7話

毎週楽しみに見ておりますが、今回も面白いシーンがいろいろです。


早坂先生(夏川結衣)の父親(竜雷太)が病院まで訪ねてきて、待合室でばったり出会うが、早坂先生は、たまたまそこに居合わせた桑野を利用してその場から逃げ出す。そして、

早坂 「すいませんでした。」と一応礼を言うが、
桑野 「誰ですか?」 の問いには、
早坂 「父です。それじゃ」と、サッサと立ち去ってしまう。
「父です。」と「それじゃ」の間がノータイムなのがとても可笑しい。

その後、桑野を見つけた父親が桑野の後を付いてくるが、その微妙な位置関係がとても滑稽。

早坂と桑野が、父親の宿泊しているホテルを探し当てて往診に来たシーン。
父親 「変なもん食わせやがって」 と文句をいったに対して、
桑野 「全部食えとは言ってませんよ」 と切り返す。

それから、父親が自分が再婚することを娘に告白した後、
父親 「あなたも早くいい人を。あっ、何なら私が見合いの話しを・・・」
桑野 「結構です。ご自分が結婚するからって、人を道連れにしないで下さい。

今日の蘊蓄:
 金魚すくい。しかし、それを聞いていたガキがうまくすくい上げるが、桑野はうまくいかない。
今日のクラシック:
 スメタナ  交響詩 モルダウ。桑野氏の指揮付き。

次回を楽しみに待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

結婚できない男 第4、5、6話

結婚できない男 相変わらず面白いですが、まとめてドン。

<第4話 休日を一人で過ごして悪いか!!>

「休日を一人で過ごす」のは、もちろん、桑野(阿部寛)と女医の早坂(夏川結依)だが、その点に関しては私はあまり笑えない。(^^;)

最も緊張感高まるのは、柴又帝釈天でのシーン。
はとバスの中で、桑野に間違いを指摘されて落ち込んでいたバスガイド。柴又帝釈天では、桑野が語り始めた蘊蓄に客の注目が集まってしまい、とうとう泣き出してしまう。ここの撮り方なかなか面白いですね。

この、可愛いバスガイドを演じるのは誰かと調べてみたところ、
加賀美早紀 映画「プラトニックセックス」で主演デビューされた方とのこと。

桑野氏について分かったこと:寅さんフリークで、しかも花火にも詳しい。
今日のクラシック:なぜか桑野氏はクラシックを聴かなかった。


<第5話 家に人を入れないで悪いか!!>

仕事を仕上げなければ、と、病院を抜け出して自宅に戻った桑野。メモリスティックを紛失したことに気づいたところへ、早坂から電話が。その会話の中で、

桑野(阿部) 「何様のつもりだ!」 
早坂(夏川) 「お医者様です」
そう来るな、とは思ったけど、でも笑える台詞だ。

桑野氏について分かったこと:几帳面で家事も自分でこなす。ちなみに、私は神経質かもしれないが、几帳面ではない。なんじゃそりゃ。

今日のクラシック:最初のお掃除シーンでは、マーラー 交響曲第5番。途中ではアベマリアをかけるがすぐに止める。別のCDを選びながら、ショルティー、バレンボエムがどうのこうのと呟く。私に経験あります。何を聴いてみても気分に合わず、いろいろ曲を変えてみるってことが。多分、気分が乗らなかったり、何かに不安なときですね。


<第6話 融通きかなくて悪いか!!>

なんでこうも桑野氏の一挙手一投足が面白いんでしょうか。
カット割りや、音の使い方も効果的だと思いましたね。

クライアントの結城さん宅でのパーティーでのシーンですが、壁に掛かっているどう見てもアレにしか見えない変な絵について、「いかがですか?」と結城氏に感想を求められた桑野。

また、とんでもないことを言ってクライアントを怒らせるのではないか? と緊張が走るが、急に音をなくし、沢崎(高島礼子)、村上(塚本高史)の表情のアップが切り替わり、緊張感が高まる。そして結城氏のアップ。
「なかなか・・・・・(長い間)・・・・・興味深い作品です」
と何とかその場を取り繕った瞬間、ビリヤードのパカーンという音と共に周囲のざわつきが戻り、ほっとした表情のアップが映る。
緊張と弛緩が効果的に表現されている面白いシーンだ。

桑野氏について分かったこと:お好み焼きに蘊蓄が深い。
今日のクラシック:エルガー 威風堂々ですね。

さあ、次回も「結婚できない男」を見よう!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月 9日 (水)

天国からの手紙

天国からの手紙。2006/8/10。

今回も結構泣けた。実は前回の方がすさまじかったのだけど。
いずれにしても、この番組、そんじょそこらのお涙頂戴番組とは違って、魂の奧から絞り出されるような感じの涙がどっと出てくる。そして、その後ある種スッキリした感じになる。

しかしながら、彼に霊能力があると信じ込んで見ていると言う訳でもないのだ。

番組の中で、「亡くなった人が浄化されていない」と江原は言うが、本当にそういう訳でもないだろうと思う。実際には、浄化されていないのは残された家族の心の方であって、それを江原は浄化しようとしているだ、と解釈しながら見ている。

江原は「オーラの泉」の中でも、前世について語るときに「これは夢物語と思って聞いてください」と前置きすることがある。つまりこれは、その前世物語を信じる必要はない、と言っているわけだが、もしかすると、すべての前世物語についてもそうなのかもしれない。でも、それを聞くことによって、自分の心の奥底に隠されたものに気づき、それを解放して癒すことができる点が重要だと言うことだろう。

これは、細木数子が時々口にする、「占いはあくまでも入り口に過ぎない」というのに似ていると思っている。細木も占いより、生き方の問題を説くことの方が重要だという考えなのだろう。

江原啓之や細木数子に対する批判も見受けられるが、彼らを潰してしまうことは良くないことだと思う。それは、世の人々が心の問題について考える機会が失われてしまうからだ。きっと、それは良い結果にはつながらないだろうと思う。

江原啓之の話の真偽はともかくとして、彼はまさしくカウンセラーなのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月 6日 (日)

あっぱれさんま大教授 ソニン

さんまのあっぱれ大教授  2006/8/6

ゲストはソニンで、自分に合った枕選びをやっておりましたが、
ベッドに寝てこちらに寝返ったとき・・・・・

あぁぁ、左のが落っこちそう。すごすぎるソニンちゃん。
と、日曜の真っ昼間からドキドキしてしまいました。 以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマネチ大学数学科 第16講

コマネチ大学数学科 第16講  2006/8/3 深夜

今回のテーマは 「影」  中村亨 先生

Koma16_3
問題

図のような 周りを同じ高さの塀で囲ってある土地がある
ここに太陽が真南から照り付け 影の長さが2mになったとするときの影の面積は?




Koma16kage

影は左図の水色、と濃紺の部分となるが、面積は、すべての線分によってできる影の面積を合計した後、濃紺で示した重なりを差し引くことによって求まる。


折れ線 A-G-F による影、(4+6+6+4+6) x 2 = 52m^2
直線C-Dと半円による影、同じく 52m^2
それに、線分 A-B, B-C はそれぞれ、2x2 =4m^2
これらを合計すると 52x2 + 4x2 = 112 m^2

濃紺で示した部分は、底辺2m 高さ1m の直角二等辺三角形となっているので、1個あたり1m^2。 それが3個で3m^2
よって  112 - 3 = 109 m^2

結果は、マス北野 116m^2  東大生チーム 109m^2、で、正解は東大生チームで、コマネチフィールズ賞も東大生チーム。

でも、今回の解法のポイントが積分にあるとすると、この結果はちょっと??

東大生チームは、上部の折れ線の影は菱形としてとらえているし、下部の半円の影は下図のように、半円と幅2mの長方形合わせたものから、同じ半円の面積を差し引くという考え方を取っている。

Koma16tu



しかるに、マス北野は、半円による影の面積が、長方形の面積と等しいことを、おそらく積分の考え方を基に一気に導いている。ただ、左側の影の重なりの部分を考えるところで混乱したらしく、正解には到達できなかった。

Koma16fx_1
私の推測だが、マス北野は、左図のように、塀の形が任意の形状 f(x) であっても、積分してみれば、影の面積は、図中の式のように、簡単に求めることができることを見抜いたと思うのだ。



とすれば、マス北野がコマネチフィールズ賞をもらっいてもおかしくなかったとも言える。そもそも、この問題は、左側の影の重なる部分ではなくて、むしろ、下部の半円の形を非常に複雑にするというひねり方の方が良かったのではないかな?


さて、この番組も16回となったが、最初の頃はなかなか数学通でもマニアでもない私にとっては、なかなか難しかったのだが、ここ最近、易しくなってきたのでは?と感じられる。これって、視聴者、あるいは、出題者側の要望によるもの?

それから、東大生チームの木村美紀松江由紀子の両名の人気だが、当ブログへの検索数で見ると、約1:3で松江由紀子女子の方が多いという結果だ。ただし、母数の問題で統計的に有為ではないといわれるかもしれないが・・・ (^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

カシオペア活動中止

カシオペアの活動中止ってほんとうだったんですね。

カシオペア公式サイト
 CASIOPEAからの大事なお知らせ

向谷実の鉄道と音楽がいっぱい
 カシオペアの活動休止について

ついこの間、2006年6月27日~27日に、韓国ソウルでの公演があったばかりなので、青天の霹靂とでもいいましょうか、全く意外でしたした。

思えば最初にカシオペアに出会ったのは20年前。
当時学生だった私は、MINT JMAS、MAKE UP CITY のアルバムを借りて聴き、すぐにファンになりました。ちなみに、当時はまだLPの時代でした。



インストゥルメンタルのグループというのが珍しかったし、クラシック好きの私にはなじみやすいコードで、リズムが大変面白かったです。収録されている曲はどれも今でも大好きです。

カシオペアの活動中止は残念ではありますが、また、再開ということもあるかもしれないですね。それに、向谷実氏もいろいろな方面?で活躍しておられることだし、今後も期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »