« ドラマ のダメカンタービレ Lesson9 見てるところ | トップページ | のだめと千秋のマンション »

2006年12月16日 (土)

ドラマ のだめカンタービレ Lesson9

出張先で見た、ドラマ のだめカンタービレ Lesson9 をまた、繰り返し見ております。今回も笑いと感動?でした。

以下、ネタばれだらけですので、録画してまだ見てない方、ビデオを借りてで見ようとしている方(将来の話)、再放送を見ようとしている方(これもまたまた将来の話)、地方で放送日が違っていて、まだ見てない方(あるかな?)はご注意を。


さて、またまた、私の個人的な笑いのツボ


「先輩はもう飛行機に乗れますよ」。のだめ(上野樹里)の催眠術での暗示が効いたのか、千秋(玉木宏)は峰をつれて飛行機で北海道に行く。
千秋が、飛行機恐怖症を克服したら、音楽の勉強のためにヨーロッパへ行ってしまうと知りながら、暗示をかける「のだめ」、そして、いっしょにヨーロッパへ行こうと、マラドーナ・ピアノコンクールで優勝を目指すのだめ。
いい話だな~と思って見てたら、かに、うに、ラーメン、夕張メロン、そして、「白い恋人」ならぬ「白い愛人」など具体的な北海道土産まで、催眠術の暗示の中に入っているという落ちに大笑い。すぐこれだから、油断もすきもあったもんじゃない。(^^;

余談1:白い恋人にはブラックというのもあるんですね。
 今回の出張の土産に買って帰りました。
余談2:それから、スッチーのかわいいおねーさん、誰?
★★★★


留守電44件。
真澄の声で、千秋様~ 千秋様~ 千秋様~ って、
サンプリングかよ!!
★★★


「コンクールに裏技ってあるんですか?」とのだめが江藤に訊く場面。時代劇で賄賂を渡すシーンをのだめが思い浮かべているところが、妙に可笑しくて大笑い。
★★★★


押し売り新聞、て、もし、日テレだったらやらないだろうな・・・
★★


千秋が黒木(福士誠治)に
「それ以前にとてつもない誤解をしている。」
★★★


登場する音楽

のだめがコンクールで弾く曲は、どれもあまり私にとっては馴染みがない曲だ。
シューベルトのピアノソナタ第16番 Op.42 もそうだし、ショパンのエチュードも、ドビュッシーの「喜びの島」も。
ホントにクラシックの世界は広いものだ。と言うよりも、一旦はまると何度も聴くが、なかなか新しい曲は聴こうとしない、という食わず嫌いの性格のせいだよね。きっと。

ショパンは、ピアノ協奏曲の第1番が大好きだが、ピアノ曲はごく一部の有名曲しか知らない。 このエチュードは聴いたことがあるけど、曲名は何かと訊かれても答えられない。これでも小さい頃5年間ほどピアノ習ってたんだ。(^^;) 

ドビッシーは、ベルがマスク組曲や、最近楽譜が発見されたピアノ三重奏曲なら知ってる。「喜びの島」は、多分初めて聴いたのだと思うが、ドビュッシーらしい和音だ。
ドビュッシーと言えば、「月の光」が大好きで、中学生の頃、この曲を聴いたときの、ある情景が忘れられない。それは、明るい満月の夜で、少し強い風に揺さぶられる木々を照らし、その影が、部屋の中に差し込んでいた。その情景が中間部の速いところにピッタリ。ピアノの音は、くっきりとした明るい月の光にピッタリだと思った。


のだめカンタービレでの使用曲は、
以下をご覧下いただければ、わかるっす。
http://wwwz.fujitv.co.jp/music/nodame/index.html
http://www.geocities.jp/nodame_drama_music/



笑いだけではなく、いいシーンもいっぱい


のだめが、マラドーナ・ピアノコンクール一次予選を通過したことを千秋に報告するシーン。海外へ行くのかどうかハッキリしない千秋に。「ぐずぐずしとるんやなか。ケツの穴が小さか男たいね。」

のだめがコンクールに出る理由を千秋に告げるハリセン江藤(豊原功補)。なんだかすっかりいい人になってしまった感じ。ハリセン江藤の奥さん役として、白石美帆が今回から登場するあが、ああ、目が可愛い。

というわけで、いよいよ残すところあと2回。

コンクールの2次予選を前に、悠人との再会から、何やら過去のいやなことを思い出してしまった「のだめ」。コンクールの結果はどうなるのか?  悠人君の頭には何が入っているのか?  R☆Sの再演は? 千秋とのだめの関係は?

と、ますます期待が高まりますね。

|

« ドラマ のダメカンタービレ Lesson9 見てるところ | トップページ | のだめと千秋のマンション »

コメント

ドビュッシーのピアノ曲は、どれもおすすめですヨ。。。と言いながら、曲の感じとか、ちっとも覚えていないんですけれど。
オーケストラ曲に比べると、変な表現ですが、ずっとドビュッシーらしいなあ、と素直に感じられます。

ベルガマスク組曲は、全部、素敵ですよね!
私は最初の曲も好きです。ピアノ弾けないのに
「弾いてみようか!」
なんて、楽譜も買ってしまったくらい好きでしたが、楽譜は結局行方不明にしてしまいました(T_T)

投稿: ken | 2006年12月17日 (日) 00時07分

こんにちわ。のだめマラドーナコンクール本選の撮影に潜入してきました。TBさせて頂きました。録画を何度見ても面白いドラマですよね^^来週月曜の放送が楽しみです。

投稿: まこっち | 2006年12月17日 (日) 01時19分

kenさん

ドビュッシーの世界はホントに独特のものがありますよね。
本文にも書いた、ドビュッシーのピアノトリオはお薦めです。メロディーが親しみやすく、ドビュッシーらしくないようにも思いますが、でも、ドビュッシーらしいような気もする、という微妙な曲ですが。

それから、オーケストラ・アンサンブル金沢のCD購入しました。権代さんの曲、これから聴きます。

投稿: rachmaninoffcool | 2006年12月17日 (日) 11時55分

まこっちさん

ブログ拝見しました。
撮影っていろいろ大変なんですね。
そういった舞台裏を見ると、放映を見る楽しみもきっと増えるでしょうね。

のだめは、どの回も2~3回繰り返して見てますが、それでも面白いです。こんなに繰り返し見たのは、これまでに例がありません。

投稿: rachmaninoffcool | 2006年12月17日 (日) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ のだめカンタービレ Lesson9:

» のだめのいいとこ:9)拭い去れない、それぞれの煩悩 [Ken]
うーん。またもや、シナリオにしてやられた! 千秋はカニだけじゃなくてウニや「白い愛人」まで買ってしまうのか! シュトレーゼマンが合コンしに来日か! のだめが千秋を強烈に叱るのか! ハリセンがあんなに... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 00時03分

» のだめピアコン本選に行って来ました [のだめ課外授業☆Special lesson☆]
のだめの弾く渾身のシューマン・ピアノソナタ、きらめくストラビンスキーの旋律、動と静の際立った表情と演技と、それは生の演奏を聴いてる以上の迫力でした。のだめピアノコンクールの本選撮影のエキストラ参加レポートです。... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 01時18分

» 韓国へ旅行したときに買うべき、人気の韓国土産を紹介 [韓国のお土産を買おう!韓国の土産ガイド]
韓国へ旅行したときに買うべき、人気の韓国土産の、商品別1位を紹介 [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 14時11分

« ドラマ のダメカンタービレ Lesson9 見てるところ | トップページ | のだめと千秋のマンション »