« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

リア・ディゾンとしょこたん

リア・ディゾンとしょこたんのツーショット
へぇ。リア・ディゾンて顔小さいんだね。

しょこたん☆ブログ
http://yaplog.jp/strawberry2/archive/11678

そしてこちらは、リアディゾンのブログ
Tales from Tokyo Blog
http://ameblo.jp/leahdizon/entry-10024747432.html

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年1月28日 (日)

オーラの泉 眞鍋かをり

オーラの泉

いつものように、オーバーニー姿で登場した眞鍋かをりさん。格好も素敵だけど、彼女の人柄も大好きです。

折りしも、週刊文春 平成19年2月1日号では、江原啓之「7つの疑問」として取り上げられていますが、そんな大まじめに疑問を投げかけるような問題でしょうか? と私は疑問を感じていますが、それはさておいて、眞鍋さんのオーラの泉、振り返ってみましょう。

続きを読む "オーラの泉 眞鍋かをり"

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2007年1月27日 (土)

ノイタミナ のだめカンタービレの3D CG

ノイタミナ のだめカンタービレ

アニメ版のだめに出てくる楽器って、3D CGを使ってるんですね。気づくのが遅いよ! と言われそうですが、Lesson3で少々リアルなバイオリンが登場したのを見て、ようやく気づきました。(^^;) 

実は、Lesson1のエンディングロールで、3D CG制作 トリロジー・フューチャースタジオ と書いてあるのは既に見てたんです。でもその時は、「そう言えば、オープニングで、表面が光沢でカラフルなバイオリン、トロンボーン、ホルン、ティンパニがくるくる廻ってるなぁ・・・」 くらいにしか思ってなかったんです。

それで改めて、Lesson1、Lesson2を見直してみたら、あるわあるわ。基本的に楽器はみんなCGじゃないですか。バイオリンの模様の細かさ、微妙な光沢。そしてピアノの光沢も。あれはCGでなきゃ無理です。たとえ描けたとしても、とてつもない時間が・・・

結局、ピアノ、オケの楽器、すべて3Dモデリングされていて、楽器が出てくる場面では、任意の角度からの絵をCGで作っているわけですね。オープニング映像を作るためだけじゃなかったんだ。

しかし、CGがリアルすぎると、他の人物とかの絵と違和感があるから、少々リアルさを抑え気味に表現しているのではないかと思います。私が気づかなかったのも、そのためではないかと・・・


ところで、峰が持っているバイオリンのケースも、多分CGじゃないかと思うのですが、どうでしょうか?

【関係する業者さん】

3D CG制作
トリロジー・フューチャースタジオ

CGモデリング協力
デジタルハリウッド・エンタテイメント
Y2WORKS

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

東京の知られざる地下 1/3娘

1/3娘  Episode 101あたりから、「東京の知られざる地下 社会科見学」というのをやっていて、なかなか興味深いです。

建設中の首都高速 中央環状新宿線、そしてその建設に使用されているシールドマシーン。
日比谷共同溝は、国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所の方が案内してましたね。1,2回見逃しているのだけど、もしかすると地下鉄13号線もあったかも。最後は、国立国会図書館の地下。

ところで、1/3娘(サンブンノイチガール)のDVD-BOXが2/21発売とのことです。私も予約しました。
↓↓
1/3娘DVD-BOX

田代さやか、水崎綾女 のDVDといのはありますが、上野真未は多分ありませんので、上野真未がお目当ての方にはお薦めです。


このブログでは、1/3娘の記事へのアクセスは、毎日ちょっとずつあるんですが、トータルで見るとかなり多いのですね。多分、深夜番組でそれほど宣伝もしていないから、たまたま初めて見た人が検索するんでしょう。特に、上野真未さんの情報が少ないですし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月22日 (月)

 2007年冬ドラマ序盤を見て

ドラマ、序盤を見た所で、ざーと感想です。

続きを読む " 2007年冬ドラマ序盤を見て"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月20日 (土)

オーラの泉 劇団ひとり

オーラの泉 2007/1/17

劇団ひとりが出演。

2年間禁欲していたと言う劇団ひとりに、美輪と江原は恋愛した方が良いと助言。その気になった彼に、国分が、以前自分がそのように勧めたが聞かなかったが、今回、従う気になったことについて質問したところ、劇団ひとりが答えて曰く。

「国分さんに言われても説得力がないと言うか・・・」には大笑いでした。

続きを読む "オーラの泉 劇団ひとり"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

横顔がすごくいい、藤井美菜

オルビス化粧品のCMをぼーっと見てたら、ふと女性の横顔に目がとまった。美しい!!
誰だろう?

以下のサイトの「おっ かわいいって言われた」篇で、安田成美の話の後、短い時間だが横顔が映ります。
http://www.orbis.co.jp/small/8072002/

調べてみたら、藤井美菜 という人だった。
CATAMARAN所属
http://www.catamaran2007.co.jp/profile/fujii.html

でも、正面から見るとそうでもないなあ・・・

続きを読む "横顔がすごくいい、藤井美菜"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年1月18日 (木)

いよいよ、眞鍋かをり オーラの泉に登場

眞鍋かをり嬢、いよいよ来週のオーラの泉に登場ですね。お見逃し無く。

1月24日(水) テレビ朝日 11:15~

2007/1/28追記。
放送後の記事はこちらをどうぞ。
↓↓↓
http://rachmaninoffcool.cocolog-nifty.com/rach/2007/01/post_ee8e.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月14日 (日)

ノイタミナ のだめカンタービレ Lesson1

ノイタミナ のだめカンタービレ
ノイタミナとは何ぞや? と思ってたら、Animation を逆さから読んだものと分かった。Wikipediaにも解説があった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%8A

というわけで、アニメ版のだめが始まったわけだが、やっぱりドラマ版の方が面白かったかな。でも、多分アニメ版も毎回見ると思う。さて、私は、マンガ版はそれほど熟読してないので、ドラマ版と比べてみよう。

続きを読む "ノイタミナ のだめカンタービレ Lesson1"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

エラいところに嫁いでしまった! 第1話

エラいところに嫁いでしまった! 第1話

仲間由紀恵 出演とはいえ、嫁姑ものって面白くないのでは? とあまり期待していなかったのだが、やっぱり仲間由紀恵はすごい! なかなか期待できそうだ。

続きを読む "エラいところに嫁いでしまった! 第1話"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

使命と魂のリミット

使命と魂のリミット 東野圭吾の最新刊

タイトルは堅いので、あまり感動するような事もなかろうとたかをくくっていたのだが、最後の方を電車の中で読んでいたら、思わずジーンと来てしまい、鼻水じゅるじゅるに・・・(^^;)

続きを読む "使命と魂のリミット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

秋葉原デパート閉店

・・・・って、全然知らんかった。
http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2007/01/01/666990-000.html

昨日、2007/1/8に秋葉原駅改札を出たら、秋葉原デパートへの連絡通路のドアが閉じていたので、休みか? と思って通りへ出たらシャッターが全部締まっている。何々、12月31日をもって閉店とな。 え~~ここで何か食おうと思ってやってきたのに (T_T)

年末に一度行ったにも関わらず、全然気付かんかった。しかも、1Fでソフトクリームを食べたのに。思えばあれが最後のソフトになってしまったか・・・

1Fでは、丼屋さん、名前なんだっけ? 伊呂波でもよく食べたね。ここのとり丼(昔はキジ丼)やらカツ丼はとか、とりたてて旨いというわけでもないのだが、座って1分程度で出てくる。早いのが取り柄の岡本信人(おかもとのぶと)くんだ。(古いよ!)

一人で行く時には、入りやすくてよかったんだけんどな。なんだか寂しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

ワナゴナに鷹の爪

ワナゴナ TBS

しばらく見ない間に、いろいろと面白いことをやっていたようだ。オープニングも新しくなった。


第5回放送では、あの蛙男商会 FROGMAN SHOW とともにFLASHアニメを制作。残念ながら、私は見過ごしてしまった。しょこたんも作画、声の吹き込みに参加。そして短編の「秘密結社 鷹の爪」が完成。(ワナゴナのウエブサイトから貼り付け可能です)



いつもながら、総統、吉田君、デラックスファイターのやりとりは、馬鹿馬鹿しいが、面白く、人によっては中毒症状が出るかも。(^^;) 元々、MCの鉄平が好きだったらしいが、しょこたんも気に入ったとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

新春もズバリ言うわよ 2007

新春もズバリ言うわよ TBS 2007/1/2

いろいろと面白かった。
特に印象に残ったのは、マナ・カナ、スピードワゴン、ほしのあきだ。

続きを読む "新春もズバリ言うわよ 2007"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

不思議の国のアリス

不思議の国のアリス フジテレビ 2007/1/5

MC バナナマン、小倉優子

というわけで見てしまいましたが、大変不思議でした。

それはともかく、
水野晴夫 老けたなあ~~~
どこのお爺さんかと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

SWING GIRLSをやっと見た

SWING GIRLS を見ました。

このときの上野樹里ってどんなんだろう? と思って見てたが、変態ではないものの、のだめの片鱗が見えるような気がした。要するに地なのかもしれない。SWING GIRLSには、のだめにも出演した、竹中直人、白石美帆、そして、福士誠治くんも出ている。

話しの途中はそう面白いというものでもなかったけれど、最後の演奏シーンは、なかなか感動的。うまく演奏できるのかどうか、緊張が伝わってきた。みんな練習して実際に演奏しているのが凄い。貫地谷しおりのトランペット、本仮屋ユイカのトロンボーン、上野樹里のサックス、と、ソロがなかなか様になっていて、あのレベルまで達するのは大変だったことでしょう。そしてドラムのおねーちゃんも結構リズム感が良くて、気持ちがいい。えっと、豊島由佳梨っていうんですね。

5.1chで聴くと会場の残響の感じが出ていて良い感じです。
最後のシーンを何回も見てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

2007年冬ドラマはじまる

2007年冬ドラマ どうでしょうか? 
って、やや意味不明の問いかけですが、さあ、

今クールのドラマはどれが面白いのか? 
高視聴率をマークするのはどれか? 
そして、私が最後まで見続けるのはどれか?

というわけで今回もまた個人的期待度を勝手につらつらと書きたいと思います。

続きを読む "2007年冬ドラマはじまる"

| | コメント (0) | トラックバック (8)

花より男子2 第1話

花より男子2 第1話

いい年こいて、前作「花より男子」を喜んで見ておりました。今回も、惰性で見始めたのですが、初回を見た感じではあまり面白くないと思ってしまいました。放送時間拡大、ニューヨークロケと金はかかってるけど、ちょっと間延びした感じがねぇ。

前作では、牧野つくし(井上真央)が、道明寺司(松本潤)が殴り飛ばすシーンにはいたく感動しましたが、つくしが道明寺を好きになるという事がどうも不自然で納得いかな~い、と思いながら見ており、今回もそんな思いを引きずりながら見ているのであります。
絶対、花沢類(小栗旬)の方がいいと思うんだけどな・・・・・。

まあ、それはそれとして、これからの展開に期待して次回も見ようかと思ってます。

ところで、井上真央は、松嶋菜々子さんと同じ事務所なんですね。
http://www.7th-avenue.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (3)

マス1GPで流れるラフマニノフ

2007年1月4日 深夜 放映されたマス1GP

今日は、数学は離れてラフマニノフねたということで・・・(^^)


たけしのコマネチ大学数学科では、格調高さを表現するためか、クラシックがよく使われているが、ラフマニノフの曲としては、
ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
が割とよく使われている。

マス1GPでは、ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第1番 作品1 第1楽章 が使用された。Finak Round、東大生の回答の解説中である。

一般にはそれほどポピュラーでない曲を使うあたり、コマ大の音楽担当のスタッフは、ラフマニノフ好きなのではなかろうか?


出題内容と解説については、「ガスコン研究所」をどうぞ
http://gascon.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/1_63ca.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のだめ、千秋のマンション間取り その2

SWEET HOUSE の間取り想像図 第2弾。
ドラマ のだめカンタービレ のだめと千秋のマンションの間取りを、若干ですがバージョンアップしました。千秋の洗面所、浴室を追加。そして、椅子とか小物とかインテリアを若干追加しております。

続きを読む "のだめ、千秋のマンション間取り その2"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 4日 (木)

のだめ オリジナルサウンドトラックを試聴

のだめカンタービレ のオリジナルサウンドトラックのCDって、のだめフェステバルの新星堂なんかでも「おすすめ」シールが貼ってたくさん並んでたけど、\3,059はちと高いと思って買うのを止めた。まあ、アルバムとしては普通の値段なのかも知れないけど。




SONY WALKMAN系の音楽ウンロードサイトMORAで見つけたので、収録曲17曲それぞれを試聴してみたのた。ところが、なんと、4曲を除いて全く聴き覚えがない。

以下に全曲のタイトルをリストアップしてみよう。

1. のだめカンタービレ! 
2. 夢見る乙女 
3. 喜びの歌 
4. おお運命の女神よ 
5. 美しき夕暮れ 
6. 我が母校 
7. ミルヒーの踊り 
8. アムールの国 
9. 人の望みよ喜びよ 
10. 花の歌 
11. 愉快ないたずら 
12. 千秋受難曲 
13. 愛の挨拶 
14. われは知る、わが主は生きたもうことを 
15. 月光 
16. 夢のあとに 
17. TWIN DRAGON(Bonus Track) 

最も頻繁に登場するのが「11.愉快ないたずら」。2拍子の軽快な曲で、ストリングと笛の曲。笛と言ってもリコーダやオカリナではなくて、名前がわからないのだが、おそらくドレミファの音階のパイプがオモチャみたいな笛。根拠は、あの笛独特の少しかすれた感じの音色であること。そして、この笛はピアノの黒鍵に相当する音はだせないのだが、この曲はハ長調であるのはそこに理由があるはずだ。最後の方で、音階を駆け上がるところがあるが、あれは、リコーダのタンニングではできない技。

そして「13.愛の挨拶拶」もよく登場した。これは、3拍子のゆったりとした曲で、鉄琴系の楽器が使われている。

「15. 月光」は、実はベト7の第1楽章をピアノアレンジした曲。Lesson10で、コンクールが終わり、のだめが故郷へ帰っていくあたりでのみ登場する。

あとは、「5. 美しき夕暮れ」も登場した。これも「愉快ないたずら」と同じ笛が使用されている。

結局、ST用にたくさん曲作ってみたけど、ほとんどクラシックを使ってしまったので、使われなかったということか? ドラマ中で使われない曲があることは、他にも例があるが、のだめの場合、ちょっと少なすぎでは???

というわけで、私は以上4曲だけをダウンロードした。1曲 \210也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キム兄の写芸に大受け

お正月ということでお笑い芸人が多数テレビに登場してましたが、そんな中で、キム兄こと木村佑一のネタがすごく面白かった。今更言うまでもないが辺見えみりの旦那だ。
Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E7%A5%90%E4%B8%80

自分が撮り貯めした写真を見せながらつっこむというもので、今回は、マンション建設に反対する近隣住民の反対のポスターをネタにしたもの。

キム兄のしゃべりは、最近の多くの漫才とは違ってゆっくりだが、面白さを見いだす視点が鋭いし、言い回しが的確だし、それが笑いをうまく引き出している。あんなに面白いのに会場の笑いがそれほどでもなかったのが不思議だ。きっと、彼の笑いを理解できるほどボキャブラリがないのではないか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SWEET HOUSEの間取りは?

ドラマ のだめカンタービレで、千秋とのだめが住んでいたマンション SWEET HOUSE ですが、その間取りの面白さに興味を持ったので、Lesson 1~11までの録画と、のだめカンタービレ ミュージックガイドブックに掲載されている写真を元に間取りを描いてみました。



寸法は想像によるところが多いのですが、雰囲気はだいたい合っていると思います。壁の仕切が描いてないところは、撮されたことがない部分です。

Nodameroom_1


この間取りを描いてみようと思ったのは、画面に映った情報から平面図を起こすという、パズルを解くような面白さもありましたが、それだけでなく、こういう斜めのラインを使った間取りに興味があり、もしかすると四角四面の間取りよりスペース効率が良いのでは? という漠然とした思いがありました。
特に、のだめ、千秋は、ピアノ科の学生なので、部屋にグランドピアノが置かれているわけですが、変則的な形のものには、こういう部屋が適しているのかもしれません。


間取りを描く作業はなかなか大変でした。何しろ、画面では長さを測る基準となるものがなかなか見つかりません。解像度が良ければ、フローリングの模様から割り出すこともできると思うのですが。斜めのラインの角度は、最初45度と仮定して描いてみたのですが、どうも間取りがうまく合わないので、30度にしてみました。



間取りについてはいくつか疑問があります。

まず、千秋の部屋の洗面所と浴室は、映像を見ると、[A] のところに存在することになっているようですが、スペース的には、ここには収まりません。したがって、これは別のセットになっているのでしょう。千秋が歩いたとき、洗面所の家具が微妙に揺れていましたから、床がしっかりしていないことも判ります。

千秋の玄関入って右手に小窓があり、時間によって外光が差し込む場合があるのですが、この間取りからは外光が差し込むとは考えられないので、照明によるものと考えられます。

中央部の天井はかなり高いです。というか、天井がないのかもしれません。頻繁に撮される端の方は低くなっているですが。

撮されていない壁があります。上図で壁が描かれていないところは、全く撮されていない部分です。壁がない可能性があります。

しかし、あまりに良くできている内装なので、これがスタジオセットなのかどうか迷いましたが、上述のような疑問点から考えると、やはり、スタジオセットの可能性が高いと思います。
そうだとすると、コンクリートの打ちっ放しに見える柱も、見せかけのものなのでしょうか? まさか、コンクリート製のものを実際に作るとは思えないので。

度々登場した、部屋の外の廊下についてはどうなのか?この廊下もかなり変則的な作りですね。ドアに向かって右手方向には階段がありその先にドアがあります。 また、千秋、のだめの部屋のドアの正面は手すりがあって、外には木が生えていることになってますが、その両側には、別の部屋のドアがあります。

部屋の内側から廊下側を見た風景と、廊下側から見える部屋の中は、間取りから見て矛盾がないので、一体のセットのように思うのですが、実際どうなのでしょうかね? かなり大がかりなセットと言うことになりますが・・・


なお、SWEET HOUSE のロケ地のヒントは以下に掲載したとおりですが、この建物は、長方形の建物なので、上図のような変則的な間取りは収まらないと思います。ですから、このSWEET HOUSEは、外のシーンを撮影するためだけのものだと思います。
http://rachmaninoffcool.cocolog-nifty.com/rach/2006/12/post_deaa.html



ところで、千秋の部屋にあったステレオセットはかなり高価なもののようですね。スピーカーは、YAMAHA soavo-1 だそうです。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/speaker/soavo-1/index.html
のだめフェステバル 新星堂の売店で、実物を見ることができました。


続編はこちら
のだめ、千秋のマンション間取りその2
↓↓↓

http://rachmaninoffcool.cocolog-nifty.com/rach/2007/01/post_cbb5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

あけましておめでとうございます 2007年

あけましておめでとうございます。

今年も、ドラマ、クラシック音楽、その他もろもろについて書きつづっていきたいと思いますので、どうぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »