« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

眞鍋かをり、サイエンスゼロ出演終了

なななんと、NHK教育 サイエンスゼロ眞鍋かをりが出るのは、昨日、2007/3/24で終わりなんだって。番組の最後に挨拶をしていました。彼女が出るサイエンスゼロを楽しみに見ていただけにちょっと残念です。

彼女がサイエンスゼロに出演してもう4年になるそうですが、早いものです。彼女が横浜国立大学を卒業しているのは知っていましたが、てっきり理系だと思っていたのですが、本人は文系だと言ってました。

横浜国立大学 教育人間科学部
http://www.edhs.ynu.ac.jp/
科学と付くので理系と勘違いしたのかもしれません。要は教育学部なのですね。

でも、文系だからこそ、素人目線で話せるということがあるし、しかも賢いのでポイントを理解しながら話しているのがわかるので、とてもいいんですよ。ホントにこの番組にはピッタリの人だったと思います。

次回からは安めぐみに替わって、放送時間も 土曜 11:45~ と、昔のように遅い時間帯に移るようです。実は、あまり彼女のことはよく知らないのですが、引き続き見てみることにしようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月24日 (土)

TB:「もったいない」★マナ

http://blog.qlep.com/blog.php/24407/81789?categ=1&year=2007&month=3

マナカナは、最近、「個性」にこだわっているようですね。

一般に「個性」というと =「違い」というイメージで捉えられがちだけど、それは、ひとりひとり素材が違うから、自然と個性が違ってくるというだけの事で、マナカナのような一卵性双生児では話しは別ではないかと思うのだ。共通点が多いのは当然のこと。それは自然と出てくるものであって、違っていなくてもそれぞれにとって個性は個性。彼女らに 「個性=違い」の一般的な公式は適用できない。

無理に「違い」ということを意識しすぎると、かえって自分の中から自然と出てくる本来の個性を抑えてしまう結果になるのではないかとちょっと心配。同じ点は同じ、違う点は違う。それでよいのではないのでしょうか。


とは言うものの、マナカナが個性にこだわるのは、やっぱり年頃になると異性の問題があるからかなぁと思う。異性の好みが似ているということもあるかもしれないし、また、相手がマナカナのどちらを選ぶのか? という局面で、マナカナの「違い」ということが問題になってくる。

いっしょに生活する一卵性双生児ならではの悩みなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アニメ「のだめカンタービレ」Lesson11

ノイタミナ のだめカンタービレ Lesson11

シュトレーゼンマン、千秋による
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18

今回は、いつもよりアニメに力が入ってましたね。

弦楽器や管楽器も動画が多かったし、CGなので、特にバイオリンの表面の光の反射の変化がリアルですよね。
何と言っても、ピアノを演奏する指を見せるところが多かった。結構、音に合っているけど、あの手はCGではないんでしょ?  ピアノはCGだけど。だとしたら結構大変な作業ですね。

演奏は、中盤の再現部までずっと通しでしたから、飽きないようにという配慮かも知れませんね。でも、私は、途中省略して飛ばすのではないかとすのでは? と思いながら聴いていたので、落ち着かなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

1/3娘 に深キョン

日テレで月~土の深夜に放送される、わずか数分程度の番組。
1/3娘(サンブンノイチガール)

まだメジャーとは言えないアイドルの卵、
田代さやか、水崎綾女(みさきあやめ)、上野真未が、週毎にいろいろな課題にチャレンジするのであるが、2007/2/21にDVD-BOXが発売された。

3枚組で \5,985と、結構なお値段だが、こんなの買う人どこにいるんだろう?




と思ったら、ここにいるよ~! (^^;)

続きを読む "1/3娘 に深キョン"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月11日 (日)

ドラマも最終回を迎えたけれど

ドラマもいよいよ最終回を迎えようとしてますが、今季はあまりに忙しくて、週末録画したのを見る時間がほとんど無く、軒並み途中で断念してしまいました。現在までパーフェクトに見続けているのは、わずかに、ハケンの品格特命係長 只野仁百鬼夜行抄花より男子2は、3週分の録画が溜まっているので、一段落したら見ようとは思ってます。

今週、妻が浮気します ヒミツの花園 は、中盤で抜けたけど復活。まあ、多少飛ばしても気にならないので・・・

上に挙げたドラマって、どれもコミカルな路線のものばかり。仕事で疲れた頭には、適当に楽しめてストレス解消になるから、適しているのだろうと思います。

百鬼夜行抄だけは、ちょっと別路線ですけどね。
このドラマは一応怖い系なんだけど、涙腺が弱い私、実は毎回ウルウルしてます。案外それも癒しになるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »