« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

プロポーズ大作戦

プロポーズ大作戦 フジテレビ


あのとき、もしこうしていたら、ああしていたなら・・・・・

と後悔していると、不思議にも過去へ戻ってやり直し、現在の状況が変わる、というストーリーはよくある。このドラマもそれと似ているが、ユニークな点もある。

岩瀬健(山下智久)が小学校から高校までいっしょだった、吉田礼(長澤まさみ)が、多田(藤木直人)と結婚することになり、結婚披露宴に出席する。そこで、映し出されたスライド写真には、礼や岩瀬を含めた仲間が写っていた。それを見ながら、礼と結婚できなかったことを後悔していると、妖精(三上博史)が現れ、その写真の頃に戻してくれる。健は、戻った過去で、礼との関係を修復し、その写真が撮影されたところで現在へ戻ってくる。すると、礼が泣いていた写真、怒っていた写真が笑顔に変わっていた。歴史は変わったのだ。しかし、多田と礼が結婚するという現実までは変わっていなかった。

過去の一時の行動ではなくて、ひとつひとつの積み重ねが、結果を替えるんだよという教訓が導き出されそうな、ためになるドラマである。(笑)
1枚の写真について1回過去に戻ることができるので、これからも、何度も過去に戻ってやりなおすのだと思うが、きっと最後には、健と礼が結婚することになるのが、まあ、期待通りの結末ということになろう。

そんなことより、長澤まさみの表情の変化、立ち振る舞いがいいんですよね。学生時代にあんな子がいたらきっと好きになっちゃうね。

あまり期待せずに見始めたのだけど、これからも見ちゃいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2007年4月29日 (日)

生徒諸君!

生徒諸君! テレビ朝日

このタイトルって、私が高校時代の頃から聞き覚えがあるような気がしたので、調べてみると、1977~1984まで、少女フレンドに連載されたものらしい。やっぱり。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%BE%92%E8%AB%B8%E5%90%9B%21

ただ、当時のものは、主人公 北城尚子は高校生だったようで、ドラマ化、映画化、アニメ化もされているようだが、実は一度も見たことがない。今回のドラマは、「生徒諸君!教師編」2003年~ が原作とのこと。 今日、やっと初回を見たが、割と面白そうである。

続きを読む "生徒諸君!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながらハケンの品格

やっと、ハケンの品格 最終回を見ることができた。3月から忙しくて忙しくて。

最終回がつまらないというパターンも多いのですが、ハケンの品格は構面白かったです。

盛りだくさんの内容で、春子のパフォーマンスも、スカイダイビングというこれまでで最も派手な物で、しかも、「スカイダイビングは私の趣味ですが、それが何か?」という一言いい。あの格好で去っていくのも妙ですが・・・

最後は、春子が東海林が出向している子会社へ乗り込んで、無理矢理雇ってもらうことに・・・。次々と自分が持ってる資格を見せ、東海林が突っ込みをいれるシーンが面白かったのですが、最初は状況が飲み込めませんでした。
結局、春子が自分の気持ちに素直に向き合い、東海林武(大泉洋)を助けようというわけですが、春子の表面上の態度はあくまでこれまで通り。まあ、急に親密になったのでは違和感ありますから、妥当な結末と言えましょうか。

というわけで、なかなかユニークなドラマでした。大泉洋は結構キャラが濃いと感じましたが、このドラマでかなり注目度が上がったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

帰ってきた時効警察

帰ってきた時効警察 テレビ朝日

やったー。楽しみな番組が帰ってきましたね。

前シリーズでは、金がなくなって時効になった事件の捜査を止めた霧山修一朗(オダギリジョー)が、今回、競馬で大もうけして再開するという、このドラマらしい安直な流れですな。

時効管理課の面々の訳の分からないやりとりは、さらにエスカレートしてるし。

時効管理課に新しく配属になった、真加出(小出早織)。この人、ケータイ刑事 銭形雷なんですね。銭形泪以来、このシリーズはほとんど見てませんが。

彼女は、まともそうに見えて、時効管理課の人々と自然に話しが合わせられる点が変です。霧山くんにいろいろと訊きたがるので、三日月くんがライバル視するのですが、なかなかかわいいです。

さて、来週もまた見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

個人授業Ⅱ

TBS 個人授業が新学期を迎え、個人授業Ⅱに。

和田アキ子を前にしても物怖じしない、前学期のすばらしい講義ぶりを認められてか、しょこたんが、スーパーメイドとしてレギュラーに。

コスプレでキャラになりきると、和田アキ子だろうがなんだろうが、怖いもんなしなのね?今回もビシッと決まっていておもしろかった。今後も楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »