« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月27日 (日)

ライアーゲーム 第7話

ライアーゲーム 第7話

だいぶはまってきました。緊張感がたまらんとです。(^^)

リストラゲームも回が進み、どうみても、直(戸田恵梨香)の負け確定。前回の終わりに、秋山(松田翔太)が会場に向かっている様だが、逆転の秘策を持ってくるのか? 全く見当がつかない。

そんな中、直ちゃんは、フクナガから持ちかけられた、自分の30票、直の3000万円を賭けたカードゲームに乗ってしまうが、どう見ても、そのルールは五分五分じゃないよ。そもそも、フクナガが負ける勝負を持ちかける訳ないから、乗っちゃだめよ、と心の中でつぶやいていたら・・・・・

「受けて立ちます!」と直ちゃん

エー!? そんなキッパリ言ってる場合じゃないよ。ホントマジにやきもきさせるんだからぁ。

案の定、直ちゃんは負けてしまいますが、打ちひしがれているところへ、ようやく秋山が登場。秘策を告げられた直ちゃんが動き出す。

まず、フクナガに再勝負をもちかけ、見事、フクナガの10票を獲得することに成功。
いつも言動が憎たらしいフクナガなので、直ちゃんにやっつけられると実に痛快だ。
さらに、リストラゲームでは、直ちゃんはフクナガ以外の全員に交渉を持ちかけ、第9ゲームでついに、直がダントツに躍り出て、一挙に形勢が逆転。

さあ、次回どうなるのか楽しみです。
戸田恵梨香と松田翔太、なかなかいいコンビです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月26日 (土)

視聴率低迷女優「上戸彩」 テレビ朝日が主役に抜擢する謎

視聴率低迷女優「上戸彩」 テレビ朝日が主役に抜擢する謎
J-CASTニュース

視聴率低迷女優のレッテルを貼られつつある上戸彩であるが、私は割と彼女が好きで、UETO AYA FIRST LIVE TOUR Pureness 2003 のDVDを持っていたりする。


しかし、ドラマは? というと、アテンションプリーズ、アタックNo.1、エースをねらえ!下北サンデーズホテリアー・・・・ いずれもちょっと見たけど、面白くないのでやめてしまった。

ドラマの方が悪いのか、上戸彩がわるいのか、両者のマッチングが良くないのか・・・
いろんな役に起用しようとしているようだが、根性物、女子大生、少し大人っぽい役も、何かキャラクターの底が浅い感じがして、それがドラマにのめり込むのを邪魔しているような気がする。

まだ、あずみ、あずみ2とか、シリアス、アクションものの方が良いかも知れない。

金八先生や高校教師のころは、ドラマをほとんど見ていなかった時期なので何とも言えないが、それらの役柄のほうが彼女に合っていたのではないかと想像する。

さて、上戸彩をこれからどうしたらよいのか?と行く末を案じる私であった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

わたしたちの教科書 第7話

わたしたちの教科書  第7話

第1話、2話あたりでは見るかどうか迷いつつ見ていたのですが、見続けていてだんだん面白くなってきました。

雨木副校長にうまく取りこまれ、いじめはなかったという立場に立つようになった加地先生ですが、積木弁護士には、いじめが有ったとする発言を過去に録音されており、これから、裁判が進むにつれて難しい状況に立たされていくに違いないですね。
タイプからすると、最終的には学校側を裏切るのでは?と予想してますがどうでしょうか。

大城先生(真木よう子)が加地先生に好意を抱いていて、お互いにいい感じになってきたわけですが、大城先生は完全に学校側の立場だから、二人の関係がどうなっていくか難しいところですね。
最初私は、大城先生が加地先生に好意を示したのは、副校長の差し金とか、何か裏があるのではと疑いの目で見ていたのですが、考えすぎだったかなあ?

最初、大城先生(真木よう子)にあまり興味なかったのですが、微笑んだ顔を見てから、彼女のきびしい表情とのギャップがたまらない! と感じるようになりました。

積木弁護士(菅野美穂)のメガネとビシッとしたスーツ姿も結構魅力的!

そして、裁判が始まって、証言をすることになるのかどうか、動きが気になる、仁科(谷村美月)ですが。谷村美月は、生物彗星WoO を見て以来のお気に入りであります。


さて、岩代太郎が担当するこのドラマの音楽ですが、ラフマニノフのモチーフが随所に使われております。第7話でどのようなものが使われたか、チェックしてみました。ただし、いずれも編曲されていて、原曲通りではありません。

冒頭回想シーン
 ラフマニノフ交響曲 第2番 第3楽章(オケ)
オープニングタイトル
 ラフマニノフ交響曲 第2番 第2楽章(オケ)
加地先生と剣道部が校庭でランニング
 ラフマニノフ交響曲 第2番 第3楽章(フルート&ギター風)
積木弁護士、戸板先生、三澤亜紀子が会うシーン
 ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 第2楽章
三澤亜紀子が帰ってしまった後
  ピアノによる 交響曲第2番 第3楽章
兼良陸が・・
  ピアノ協奏曲第2番 第2楽章(口笛風とオルガン風)
積木弁護士が質屋から出てきた後
 ラフマニノフ 交響曲第2番 第3楽章
積木が学校へ入っていくところ
 ラフマニノフ 交響曲 第2番 第3楽章 (ピアノによる)
積木弁護士が訴状を書くシーン
 ラフマニノフ 交響曲 第2番 第3楽章(オケ)

オリジナルサウンドトラックはこちら
わたしたちの教科書 オリジナルサウンドトラック

第8話での登場曲はつづき

続きを読む "わたしたちの教科書 第7話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

ウゴウゴルーガ DVD予約5/31まで

ウゴウゴルーガ

フジテレビで15年前に放送された、子供向け?バラエティ番組。

それを見ていた私は、当時30歳(^^;)  内容は子供向けにしちゃぶっ飛んでたし、職場でも結構評判になっていたっけ・・・。 みかん星人のスクリーンセーバーなんて物も有ったような気がする。

先だって、復活!じゃないよ!?ウゴウゴルーガスペシャル が深夜に放映された。ルーガちゃんこと小出由華が出演していたが、22歳の立派な大人の女性です。
http://blog.goo.ne.jp/lhuga

一方、ウゴウゴちゃんは、ニート状態でいまいち冴えません。これからどうするのでしょうか?


このDVDは完全限定予約で、5月31日が〆切。
発売は、10月5日なので、忘れた頃にやってくる。

結構いい値段だが、
これは買うべきか、買わざるべきか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

明日晴れるかな

明日晴れるかな 桑田佳祐

フジテレビ ドラマ プロポーズ大作戦の エンディングテーマ曲。




桑田佳祐の歌い方っていいでね。一つ一つの言葉、声質の表現に実に細やかな神経が行き届いていて、私の心をグッとつかんで離さない。桑田佳祐の歌い方は、おそらく、多くのアーティストに影響を与えてきた思うが、彼ほど上手く歌える人は、そうはいないと思う。


サザンオールスターズが「勝手にシンドバット」でデビューした頃はまだ、歌詞をはっきり歌うのが一般的だったので、当時は、「何を歌っているか判らない」などという批判も受けた。しかし、サザンは次々とヒットを飛ばし、若い層の支持を受け、人気は上昇していった。それから27年経過した今でも、第一線のアーティストとして活躍しているのはすごいとしか言いようがない。ちなみに、私は、その当時の若い層のひとりである。


ご存じのように、桑田佳祐が歌うときの発音には独特のものがあるが、それはもはや完成された芸術のようなもの。 この曲でも、彼の言葉の美しさが光っている。

続きを読む "明日晴れるかな"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ライアーゲーム

ライアーゲーム フジテレビ

面白いです。

戸田絵梨香が神崎直役で主演。人を信じ、だまされやすく、ライアーゲームに参加することになってしまう。これまで、どちらかというといじめ役だったり、少なくともしっかりした感じの役が多かったが、今回は、守ってあげなきゃと思わせるようなタイプ。彼女がホントにそういキャラなのだと思わせるほど、いい演技だ。

彼女を助けるのが、花より男子では、F4の松田翔太が演ずる詐欺師 秋山。F4よりこちらの役のほうが格好いいっす。彼の過去にはまだまだ謎が多い。

ところで、現在進められている「リストラゲーム」
直がひとりで乗り込んだが、絶体絶命の状況になってしまった。また、秋山の助けで逆転があり得るのだろうか?

原作(ヤングジャンプ連載)は読んでないので、今後の展開が楽しみ。



ところで、ゲームの最初にディーラーから、「リストラ」の元来の意味について解説があったが、私も「そうそう」とうなずきながら聞いていた。
「リストラクチャリグ」という概念も、今や事業の整理、首切り程度の意味にしか使われていない。日本人て、外来語とともに新しい概念をドンドン取り入れているように見えて、実際には、多くのものは、単に既存の日本的な概念に置き換えてしまっているだけかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月18日 (金)

幻夜 東野圭吾

幻夜  東野圭吾



本屋さんで文庫本化されたのを見つけて買ってしまった。厚みは、白夜行にも匹敵するが、面白いのでスラスラと読めてしまう。東野圭吾さんの本て、一部例外もあるけど、とっても読みやすい。

とにかく、最後は、あっと驚く結末だった。えー、そうなっちゃうのぉ?っていう感じ。それまでの流れに意外性がなかったので、すっかり油断してた。(^^;)

それ以上は申しませんので、ぜひお買い求めを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月16日 (水)

PENTAX K10D衝動的に購入

P1020499a_1












池袋のビックカメラで衝動的に買ってきたのがこれである。
PENTAX  のデジタル一眼レフ K10D


その日は、午前中にジャパネットたかた
で、NIKOND40X をやってたのを見ていたのだが、それに影響されたこともあるかもしれない。


P1020500a_1













実はもうひとつ理由があって、3Dの写真が撮りたくて、先にPENTAXの
ステレオアダプターDセット
を通販で購入したのだが、こえが使えるカメラが実はなかったのだ。

下の写真が、3Dアダプタを装着したところだ。

これで撮影した写真はおいおい紹介することにしよう。それにしても、特になにを撮りたいわけでもないのにこんな高価なカメラを買って、宝の持ち腐れにならなければよいが・・・


P1020501a_1













今から20年ほど前、両親に購入してもらった一眼レフが、やはりペンタックスだった。
こんどは、NIKONとかCANONとか、別の物を買ってみようかとも思ったけど、今売れてるという情報に惹かれて、またもや、ペンタックスを購入することとなってしまった。

最初のペンタックスを購入した当時は、電子制御式のシャッターとか、自動測光のカメラが出始めた頃で、自動焦点のカメラが出現するのは、少し後になってからである。 まだ、8080とかZ80とかいったCPUが世に出始めた頃だから、マイコンなどは使われていなくて、ハードワイアードなロジックを中心とした回路をチップ化したものを使用していたのではないかと想像する。

でも、シャッターを押したときの反応が速くて軽い。昔持ってた一眼レフカメラとは違うなあと思った。もちろん、デジカメなので、ミラーの跳ね上がりだけで、メカニカルなシャッターが内という点は違うわけだが、でも、20年でいろいろな技術が進歩していることは間違いないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解体新ショー

解体新ショー NHK

今年の2月か3月だったか、おや、新番組かな?と 思ったらその後続かなくて、どうしたのか思ったら、あれは、番組たまごという試験的なものだったらしい。
ところが、反響が大きかったのか、レギュラー番組に昇格し、毎週放送されることになったようだ。

確かに、取り上げる疑問がちょっと変わっていて面白いのだ。

5月12日の放送で取り上げたのは・・・
なぜ、大食いチャンピオンは太っていないのか?

三宅智子 という大食いの方が登場し、食前食後の体重を比較。なんと5.6kgも増加。
トイレに行ったら 2kg減るって、いったいどんな○○○しとるんだろ?

三宅智子オフィシャルサイト
http://www.miyaketomoko.com/
三宅智子 大食いブログ
http://blog.miyaketomoko.com/

この番組で画期的だたったのは、超大盛りカレーを食べた後のMRI画像を見せたところだ。胃が下の方まで膨らんでものすごい。あれ? 腸はどこにあるんだろう?

何でも、肝臓につながる門脈が圧迫され、栄養が吸収されにくくなっているのではないかという。そうだとすると、中途半端に多く食べると太ってしまうのだろうか?


ところで、大食いと言えば、ギャル曽根
辻ちゃんの結婚で、何かと話題?の グループ、ギャルルのリーダー、そねねである。
辻ちゃんが抜けた後、安部麻美(あべべ)が加わったらしい。

ブログ->http://blog.watanabepro.co.jp/abeasami/

あべべ、ってマラソンかっつーの。あとひとりは、時東ぁみ(ぁみみ)だ。

ギャル曽根の食べっぷりもまたすごい。
昨日、5月14日(月)は、月光音楽団オビラジR の両方に出演して、大食いしてた。


そういうわけで、大食いが注目されている中、実にタイムリーな話題だった。

しかし、疑問なのは、なぜ、タイトル曲が、金井克子の「他人の関係」なのかである。
案外、登場するキャラクターが、体半部に色がついているので、あの振り付けを思いついたという程度のことで、それ以上の深い意味はないと見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

オールナイトニッポンの思い出

オールナイトニッポン という番組がある。

昔々から続いているニッポン放送 1242kHz の深夜番組である。
ふと懐かしくなって書いてみた。

今、誰がやっているのだろう? と調べてみると、

月 BEAT CRUSADERS ヒダカトオル
火 くりぃむしちゅー
水 小栗旬  へー F4の彼か..
木 ナインティナイン ナイナイですね。
金 有楽町音楽室 バカボン鬼塚
土 福山雅治
  ポルノグラフィティ 岡野昭仁

私が初めて聴いたのは、鶴光だ。1975年頃で、当時私は中2。
とにかく下品で、リスナーからの電話では、「パンティーの色は?」「乳頭の色は?」と訊くのがお決まり。「すいたらタンゴ」という歌が極めつけ。そのほか、当時人気アイドルだった山口百恵ちゃんの応援歌みたいなのも歌ってた。ちなみに当時私も百恵ちゃんファンでした。

しかし、当時は福井で聴いていたのだが、電波の状態がとにかく悪い。フェージングという現象があって、周期的に電波が減衰するのだが、これが、また良いところで聞こえなくなってしまうので悔しかった。無線の知識のある方はよくご存じだと思うが、中波ラジオの電波は、夜になると電離層で反射して遠くまで届くため、東京の放送が福井でも聴けるのだ。

それから随分経って、1985年頃、土曜がタモリ、木曜1部がビートたけし、2部が谷山浩子だったように思う。

タモリの投稿によるなぞなぞのコーナーがあって、今でも憶えているのがあるのだけど、

Q1.東北弁で自己主張する家具なーんだ?
A1.  和だんす

Q2. S○Xに誠意がないと言っている山なーんだ?
A2. 義理マンじゃろ?(キリマンジャロ)

とまあ、なんでこんな事を憶えているのか分からないが、妙に懐かしく思うのであった。


オールナイトニッポンについて詳しくお知りになりたい方は、Wikipedia をご覧になるのがよいだろう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3

また、谷山浩子をご存じない方のために、以下をどうぞ。

 谷山浩子プライベートサイト
    http://hiroko.com/index.html
 谷山浩子公式サイト
    http://www.taniyama-info.com/




| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月 4日 (金)

「わたしたちの教科書」の音楽

わたしたちの教科書 フジテレビ


あっ、ラフマニノフだ!、 と思って聴いていると、あれ? だんだんメロディが変わっていくぞぉ・・・

というわけで、このドラマ、随所にラフマニノフのテーマをアレンジした曲が挿入されている。

どんな曲が使われているかというと、

交響曲第2番 第3楽章。これは出だしだけ原曲通りで、すぐに別のメロディへと変容していく。
そして、同曲の第2楽章。これは、切って繰り返したりして使用している。
あとは、ヴォカリーズも出てきますね。
そして、ピアノ協奏曲第2番の第2楽章をアレンジしたものもありました。

この音楽は誰が担当しているのだろう? と思って、エンディングロールを見ると、岩代太郎。 この人のことは知らなかった。演奏は、東京都交響楽団、ということだ。

プロフィールを見ると、東京芸大の出身らしい。ラフマニノフが好きなのであろうか?

わたしたちの教科書 オリジナルサウンドトラック

原曲はこちらです。



さて、ドラマの中身の方ですが、伊藤淳史くんが出るドラマって、何となく自分の劣等感を刺激するので苦手なので見るの止めようと思っていたのだが、何とか許容範囲だったし、菅野美穂の演技に引き込まれたので、見続けている。

一頃、学校がいじめの存在を認めない事についてメディアから批判を受けたりしてましたが、それを題材としたものなので、ちょっと重たい感じは否めませんが・・・

P.S.
いかんいかん、タイトルが「わたしち」になってた・・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 2日 (水)

セクシーボイスアンドロボ

セクシーボイス アンド ロボ 日本テレビ


このドラマ、視聴率的にはかなり苦戦しているようだが、納得できるような気も。
ニコはまあいいとしても、ロボ(松山ケンイチ)のキャラが今一つで面白くない。 そもそも、ロボットマニアで女好きなどというキャラが存在するのだろうか? そもそも、何で、女子中学生のニコといっしょに探偵をやることになったんだっけ? ニコだけで十分なのではないか? 事件的にあまりにも脱力系すぎないか?

など、様々な疑問があるのだが、とりあえず、VOICE04まで見た。録画してあったのを一気に見たのだが、どうも微妙だ。

ニコちゃんは(大後寿々花)は普段二つ結びなのだけど、VOICE04で、浅丘ルリ子と話しをしていたとき普通の髪型をしていた。私はその方が可愛くて魅力的だと思った。けど、また二つ結びにもどちゃったね。

さて、VOICE05では、お気に入りの黒川智花さんがゲストとして登場するので、とりあえず次回も見ることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »