« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

鹿男あをによしツアー

あいにくの雨ですが、奈良の地にやって参りました。

Heijo
近鉄京都駅から奈良行きの特急に乗り込みました。近鉄特急は検札しないので良いですね。車掌は予約済みの席が分かっていて、未予約の席に座っている場合のみ検札があります。JR東海の新幹線も何とかしてほしいものです。
さて、大和西大寺を出ると間もなく朱雀門が見えて参りました。ドラマ 「鹿男あをによし」では、鹿が迎えてくれたり、見送ってくれたりしたのであります。儀式もここで行われました。
Ukimi1
これは浮見堂です。藤原先生(綾瀬はるか)が、堀田イト(多部未華子)を呼び出して、小川先生の印を消す方法をここで伝えました。ちょうど桜が満開だったので、一緒に写してみました。




Ukimido2

別の角度から見た浮見堂です。







Tobihino1
これは飛火野の風景。小川先生がしかに会いに来る場所です。特徴的な木が立っていますが、南京ハゼの木だそうです。小川先生が鹿に突き落とされた小川って、1m以上の落差があるので、本当に転げ落ちたら痛いだけではすまないかもしれません。



P1030523
というわけで、これは奈良観光というより、ロケ地ツアーなのではないだろうか? 

雨もひどいし時間もないので、あとは、春日大社まで足を伸ばして終了。何となく面白いのでとりました。




P1030526

なんと勾玉のお守りを売っていたので思わず買ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

ちりとてちん 完

ちりとてちん 完 ということですが、

私が見た連続テレビ小説の中で一番面白かった~。happy01
と言っても、
これまでに全回通して見たことがあるのは、
純情きらり」と「ちりとてちん」だけなんですが...happy02


子供の頃は見てたけど、多分、夏休みや春休みしか
見られなかったはずだし、
学生時代は見ようと思えば見れたけど興味なくしてて、
就職してからは興味ないのと時間帯的に見れないのと両方の理由。


純情きらりは、宮崎あおい に引かれて、
久々に見る気になったのですが、
録りだめができるHDDレコーダーを購入したと言うことも
大きな理由ですね。
勤めながら連ドラを見るというのはビデオではほとんど不可能ですから。
でも、芋たこなんきん、どんと晴れ は見る気がしなくてパス。


そして、ちりとてちん。
これも主役の、貫地谷しほり に引かれてというこで、
始めは様子見のつもりだったのですが、
蓋を開けてみたらこれがなかなか面白くて、
とうとう最後まで見てしまいました。


ストーリーが実によくできてるし、ボケとつっこみを
基本とした会話が面白いし、
なんと言っても、やっぱり、貫地谷しほりがすごくよくて、
ビー子のドジなキャラに完全に違和感なくなりきっているし、
それでいて、感動させる所ではビシッと泣かせてくれる。
キャストもすごくよくて、うまく面白さが出せてますよね。
連続テレビ小説のコメディものって、今まであまり好きに
なれなかったのですが、ちりとてちんは、
なんと表現してよいのか分からないけど、
ひと味違う感じがして、ほんとに素直に笑えました。


音楽担当は、佐橋俊彦氏ですが、
テーマ曲、最初はピントこなかったんだけど、
今では耳に完璧に残っています。
ドラマ中での音楽は、鹿男あをによし とは違って、
あまり目立たず自然にとけ込んでいるような感じなので、
あまり記憶には残っていないのですが、
それこそが本来のサウンドトラックなのかもしれませんね。


落語のシーン、草原(桂吉弥)はさすがに本物だけあって
巧いなと思いましたね。
やっぱし、落語って簡単じゃないんですね。
草若師匠(渡恒彦)も落語のトーンとはちょっと違うし、
草々は最初から最後まで滑舌がよくないし。
でも、若狭(貫地谷しほり)も小草若(茂山宗彦)も、
はじめの頃の下手さと後での巧くなる違いが出てましたね。


ちりとてちん、のタイトルの意味、
最初はさっぱり分からなかったのですが、
結局、ビー子、徒然亭若狭の初高座に演じた
落語のタイトルだったわけですね。
このまえ、NHKで、
桂南光の「ちりとてちん」、全部通して見ましたが、
なかなか面白かったです。


次の連続テレビ小説は、「」。
榮倉奈々 ということですが、これも様子見かな。
西田敏行と来ましたか。人情ものですか?
それにしても、榮倉奈々って背が高いね。
飯島直子も割と高いはずなのに、並ぶとそれ以上です。


そして、貫地谷しほりは、
キミ犯人じゃないよね?(テレビ朝日)に出演。
また別のキャラを見せてくれるのではないかと期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

山本薫のブログ開設

NHK 高校講座 物理でおなじみの 山本薫嬢のブログができた。heart

山本薫のブログ「(タイトル募集)」
http://ameblo.jp/yamamoto-kaori/

かわいらしいスカートとソックス。
そして、若さに似合わない落ち着いた口調。
それでいてバンドでギター弾いたりする。
そのギャップが面白い、特異な魅力を持つ女性。
それが山本薫嬢です。

当ブログは山本薫を応援しま~す。note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

鹿男あをによし 全10回曲名リスト

鹿男あをによし 
全10回のシーンとオリジナルサウンドトラックの曲名の対応一覧を作成しました。
いやー時間かかったなぁ。happy02
それほど暇でもないんだけど・・・coldsweats01

試聴サイトはこちらnote

MySound
http://mysound.jp/music/detail/tYVPJ/
MUSICO
http://musico.jp/contents/contents_index.aspx?id=tYVPJ
listen
http://listen.jp/store/album_pccr00463.htm

リストは次をご覧下さい。

続きを読む "鹿男あをによし 全10回曲名リスト"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月23日 (日)

鹿男あをによし 本読み始めました

鹿男あをによしのドラマが終わって、万城目学の原作を読み始めました。

なぜ本を読むのが後かというと、本を先に読んで、映画やドラマを面白く感じたことがないからだ。

たとえば、なんだっけ、数学の............「博士の愛した数式」だ。
いやぁ記憶が悪くてねcoldsweats01

だから、ガリレオの映画版も心配。「容疑者xの献身」での感動が大きかっただけにね。最後、号泣しちゃったし。

以下ネタバレ注意です。

続きを読む "鹿男あをによし 本読み始めました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿男あをによし 最終回

鹿男あをによし

最終回 二つのキス~冒険の終わりが恋の始まり

とうとう終わってしまいました。実に寂しいです。
ドラマの最終回というと詰まらない場合が割と多いのですが、鹿男は最後までいろいろと見せ場がありました。

このドラマを通じて印象的だったのは、
多部未華子のキリッとした表情が魅力的heart01
綾瀬はるかのキャラがすごくはまってる
佐橋俊彦の音楽が素敵!note

でした。

すべてHDに録画は残ってるんですが、DVD-BOXが出たら買っちゃいそうです。
それに、奈良に行ってみたくなった。以前からそういう思いはあったのですが、ますますその気持ちが強くなりました。橿原方面へ行くことはあるのですが、奈良へは小学校の修学旅行以来行ったことがありません。大和西大寺(やまとさいだいじ)から奈良へ向かう車中から、朱雀門を見てみたいです。

続きを読む "鹿男あをによし 最終回"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月22日 (土)

鹿男あをによし最終回の曲名一覧

鹿男あをによしので、すてきな曲の数々をOSTで聴かせてくれた、佐橋俊彦氏。
ちょっとダウンロードしてみたいという方もおられるのではないかと思い、とりあえず、最終回で使われた曲の一覧をリストアップしてみましょう。

・冒頭の儀式の前のシーン
  抜け落ちた真実
・卑弥呼のシーン
  神の賜えし謎
・儀式の翌朝3人と鹿が歩く
  それがどんな事であれ私は信じる
・小治田教頭の懐中時計が見つかった場面~小川先生が鹿に顔を戻すよう頼む
  定められし運命
・鹿が、小川先生と堀田の両方の印は消せないと言ったことに小川先生が抗議
  不可解な行動
・いつものオープニング
  壮大なる神々の愛(途中で転調するところから)
・堀田と小川先生が学校の鏡の前で
  青春の1ページ
・藤原先生が鹿に会い、堀田の印が消えないことに抗議
  誰も知らない所で
・福原先生と藤原先生が飲みながら話す
  悠久の都 奈良
・小川先生が小治田教頭に最後の挨拶をする
  定められし運命
・小川先生が鹿に卑弥呼からの頼みを守り続ける理由を訊ねる
  壮大なる神々の愛
・藤原先生が堀田を浮見堂に呼び出して話をするシーン~
 福原先生、長岡先生の待ち合わせ
  やさしい仲間
・若草山で藤原先生から小川先生への告白、抱擁、キス
  悠久の都 奈良
・小川先生が下宿を後にし、藤原先生といっしょに歩く
  やさしい仲間
・堀田が奈良駅ホームに駆けてきて小川先生を捜す
  気高い戦士達
・小川先生が堀田から手渡されたメッセージを読む
  それがどんな事であれ私は信じる
・小川が近鉄電車から朱雀門にいる鹿を見る~回想シーン
  壮大な神々の愛
・東京で小川先生と藤原先生が会う
  やさしい仲間
・小川、藤原が話しながら人混みに消えていく~エンディング
  鹿男あをによし エンディング・テーマ
・卑弥呼が眠る場所を聞き出そうと小治田教頭が鹿に話しかける
  1800年の恋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

鹿男あをによし OST買いました



手違いでなかなか届かなかったのですが、ようやく手に入りました。
鹿男あをによし オリジナルサウンドトラック OST

せっShikacd0かくですから証拠の写真をこちらに・・・・・
Shikacd1

佐橋俊彦氏の音楽、いいですね。ここまですばらしいOSTは今まで聴いたことがない。京芸大作曲科出身だけあって、オーケストレーションはお手の物といったところでしょうか。
しかし、タイトルは笑えちゃうのもありますね。happy02

以下、解説のような感想のようなものを書いてみました。

続きを読む "鹿男あをによし OST買いました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

YouTube 鹿男あをによし

YouTubeで鹿男あをによしを検索してみたら、鹿男あをによしの画像にいろんな音楽を付けて遊んでるようですね。いくつか選んでみました。

男声ひとり合唱 「鹿男あをによしEDの曲」byおた

これは、エンディングテーマに歌詞をつけて、合唱風に歌ったものですが、まあ、面白いと言えば面白い。でももうちょっとひねりがほしいかな。


しかとてちん

NHKの連ドラ、「ちりとてちん」も、鹿男あをによしと同じく、佐橋俊彦が音楽担当ということで、ちりとてちんのテーマをアレンジして、エンディングの音楽にしたもの。本格的なつくりですが、トランペットソロは生なの?

鹿男BURN

なんで、BURNなのかよく分からないのだけれど、DEEP PURPLEファンなので選んでみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿男あをによし 第九回

鹿男あをによし 第九回
最後の対決!運命の夜~日本の行方は?

今回もいろいろと面白かったですね。
マドンナが自分に気があると思いこんでる小川先生(玉木宏)の異常なテンション、そして、堀田イト(多部未華子)から、マドンナが福原先生(佐々木蔵之助)に気があるって気いた後の福原先生に対する態度といったら、可笑しかったですね。。coldsweats01
実は、私もきづいてなかったし・・・

それに、なんと言っても小治田(おはりだ)教頭のキャラの豹変ぶりというか、往生の悪さはすごいというか、不自然というか、まさか、朱雀門前でのシーンで、近鉄電車に向かって鏡を投げつるとは思いもよりませんでした。
万事休すかと思った瞬間、鹿に乗った堀田イトが現れてナイスキャッチ。
そして、堀田イトが一言。「マイシカです。先生。」。

単にその落ちが言いたかったんかいhappy01、と突っ込みたくなります。
小治田教頭の豹変といい、マイシカといい、鹿が人に話しかけるくらいですから、何が起きてもおかしくはないのだと納得しました。happy02


さてさて、このドラマ、というお話で、登場人部の名前の由来について気になるところだと思いますが、藤原先生が藤原京、長岡先生が長岡京、南場先生が難波京って、ああ、そうでしたかと、どっかのサイトを見て初めて気づきましたが。小治田については、googleで、小治田京 というのも見つけたものの、数件しかヒットがなかったので疑問符付きです。

堀田イトについては、google で、「イト 卑弥呼 -鹿」で、鹿を除外して検索したら、「倭奴」というのが出てきたがどうでしょうか。

そして、堀田で関係しそうなものというと立岩堀田遺跡を見つけました。
http://inoues.net/ruins/tateiwa.html
このサイト、炭坑節の音楽がうるさいですが...。coldsweats01
この遺跡からは鏡が出土しており、邪馬台国との関係の可能性があるようです。
http://fukuoka.cool.ne.jp/chikuzen/enjoy/mirrorindex.html

小川がよくわかりません。鹿嶋神宮と関係があるのかと思いましたが。


さて、来週はいよいよ最終回ですが、いったいどんな儀式をやるのか? 
やるのかな? そして恋の行方も気になるところです。
ああ、いよいよ終わってしまうのだと思うと寂しい。


歴史や考古学にほとんど興味がない私ですが、奈良の地には何か惹かれるものがあって、一度、ゆっくりと散策してみたいなと思っていたのですが、このドラマを見て、ますますそう思うようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月 9日 (日)

鹿男あをによし 第八回

鹿男あをによし 第八回 辿りついた意外な真実!犯人は貴方だ!


というわけで、とうとうリチャード(児玉清)を追いつめて、ねずみの運び番であることを白状させたわけで、文字通り、窮鼠なわけですが、予告編を見ると、どうも悪あがきしそうな気配。

私は、中盤あたりでは、堀田イト(多部未華子)、リチャードの正体が明らかになるは最後なのかと思っていたのですが、意外と早かったですね。 役者はそろったので、これからはむしろ、如何にしてリチャードから「目」を取り返すかという事に焦点が移ってくるのでしょう。
でもね、何かまだどんでん返しがあるんじゃないかな? とも思って期待しているのですが...。彼らが、使い番や運び番に選ばれた理由もきっとあるんじゃないかと思うし、堀田イト..なんて、明治生まれかよ、と突っ込みたくなるような名前だしね。


それにしても、今回も藤原先生(綾瀬はるか)の活躍が大きな鍵でした。

なんといっても、三角縁神獣鏡というキーワードを見つけ出したの彼女だし。でも実際には彼女が、「三角」という重要なキーワードをしゃべっている事に気づいていないんですよね。それで、小川先生(玉木宏)と堀田イトに言われて初めて気づくという...あのやりとりは、実に古典的というか、ベタでした。coldsweats01  しかし三角は三角縁神獣鏡だったのかぁ。「三角 考古学」で googleで検索するだけで、出てきたんだよね~~~。

それから、長岡先生(柴本幸)のところへ一人で行って、小川先生を信じてほしい!と頼んだのが大きかった。結局、長岡先生の心を動かして、リチャードを追いつめることになった。そして、長岡先生に訊かれて、、初めて小川先生のことが好き、と口に出していったんですよね。

あと、盗みの嫌疑をかけられて職員室で孤立している小川先生の見方になって抗議したしね。


それから、堀田イトが最初の頃と態度が変わったのがおもしろい。小川先生の言うことに、「ハイ」って答えるし、なんかしおらしいんですよね。歩き方がひょろひょろっとしてるし、なんか別人みたいっす。でも、かわいいっす。「山田太郎ものがたり」のときの妄想少女もよかったけど、今回のもなかなかいいです。


エンディングについては、いろいろブログを見ると結構反響があるようですね。

鹿の群れがスローでかけていくシーンに、オケの格好いい音楽。(佐橋俊彦)

歴史ドラマっぽい演出ですが、馬ではなくて鹿の群れであるところがミョーです。それに対応するかように、音楽の方も重厚なオケの音楽に、あえて電子音的な軽い音を乗っけている。あれはなくても成立すると思うんですが。現に、小川、藤原、堀田がリチャードがいる奈文研に乗り込むシーンでは、キーボードは入っていません。重厚なオケのサウンドに、あの電子音を入れたのはたぶん意図的で、歴史ドラマぽいエンディングのパロディーですよ、みたいな感じでしょうか。

このOSTのCDですが、配達予定は明日。待ち遠しいなぁnote

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 2日 (日)

鹿男あをによし 第七回

鹿男あをによし 第七回
謎の少女の正体!? 衝撃の事実が明らかに

意外と堀田イト(多部未華子)の正体が明らかになるのが早かったですね。
面白い藤原先生(綾瀬はるか)ですが、ナイスサポートで、堀田イトが小川先生(玉木宏)に対する不信感も消えたのか、打ち明ける決心が出来た。福原先生(佐々木蔵之介)の藤原先生や堀田に対してもさり気ないサポートも効いているのだと思うけど。

そして、いよいよリチャード=小治田教頭(児玉清)が鼠の運び番だということも明らかになりそうです。でもあと四回あるから、もっとどんでん返しがありそうな感じがするんだけどな。


そう考えると、とてもいい人な福原先生すらも怪しく感じ始めた。
藤原先生に言った「立派な実績があって、みんなに尊敬されてて、いつもニコニコしてるからっていい人とは限らない」 と言う言葉はリチャードについての話なのだが、なんか意味深な感じが・・・

それにしても、綾瀬はるかと多部未華子のキャラがとってもいい感じheart04
綾瀬はるかの干物女も面白かったけど、あのキャラはちょっと漫画チックすぎる感じだけど、藤原先生のキャラの方がむしろ合ってるかも。多部未華子の凛々しい表情がとてお魅力的だとわかったし・・・・・。それと音楽と独特の雰囲気と。それがこのドラマを気に入っている理由かもしれないナ。
小川先生と堀田イトが学校の鏡に映るシーンがあったけど、なんか鹿の親子みたいで微笑ましい感じがした。


それにしても未だに分からないのが、第一回の冒頭に出てきた大塚寧々だ。
「おまえたちに頼みがある」と言っているが、それは、鼠、鹿、狐の事なのかな? 鹿も小川先生に、頼まれたからやっていると言ったが、誰から頼まれたのかは答えなかった。
今後も目が離せないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年冬ドラマも終盤に

3月になりましたhappy01 ドラマも終盤。
☆の数は私のお気に入り度で5段階評価のつもりです。

月9 フジ 薔薇のない花屋 ☆☆☆

かなり取りだめ状態で、見続けるかどうか迷っていたんですが、終盤面白くなってきたかも。でも、亡くなった雫の母親(本仮屋ユカ)のビデオを撮影していたのが、英治だった・・・と知って動揺する美桜。それってどいうことなの??? つまりは、妊娠していて子供を産もうとしていることを知ってたわけね。雫が英治の子供でないとかありうるの? どうもいい加減に見てきたので、よく理解できてないかもしれない・・・

火10 フジ あしたの、喜多善男 ☆☆

ほとんど早送りで見て終わりという回もあるんだけど、とりあえず、今まで見続けてはいますが、なかなかつらい。

水9 テレ朝
相棒6 ☆☆☆

見れば面白いのかもしれないけど、時間がなくて断念してます。だいたい1話か2話で完結なのでいつでも見るのをやめれるという事もあって・・・

水10 日テレ 斉藤さん ☆☆

観月ありさの斉藤さんキャラ、思ってたのとは違うけど、いいと思う。言うべき事はハッキリ言わないと気が済まないところがあるけど、そんなに特異なキャラではなくて、それがかえって自然で納得できるという感じ。

木10 フジ 鹿男あをによし ☆☆☆☆

あをによし といえば奈良の枕詞。というわけで奈良を舞台にしたドラマ。視聴率はほぼ9%あたりに落ち着いていますが、私としてはやはり一番好き。録画したのを少なくも2回は見てる。coldsweats01 終盤に入ってますます面白くなってきたし、綾瀬はるか、多部未華子、いいですね。

金10 TBS
エジソンの母 ☆☆

録りだめしてあるけど見てない。だんだんどうでも良くなってきてしまった・・・

金11 テレ朝
未来講師めぐる ☆☆

微妙なんだけど、深田恭子、黒川智花が出演では見ないわけにはいかない!という理由で見ています。


あと、「ちりとてちん」「篤姫」は楽しみに見てます。とくに「ちりとてちん」は、とてもイイ出来です。それから、最近始まった、コインロッカー物語も見てます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

イージス艦 あたご

今回のイージス艦「あたご」と清徳丸の衝突事故。

イージス艦が回避行動とらなかったのではないか? とか、防衛省の対応の問題などに焦点が集まってます。それもそうですが、私は、2次元の海の中で、ドンぴしゃと衝突が起こってしまうことに不思議さを感じました。
もちろん、3次元の空中ですら衝突は起こるわけですから、2次元ではもっと起こりやすいわけで、そのために、海上衝突予防法という国際法があるわけですが、実際には難しい問題があるのでは? という気がした。

私は、何かの番組で取り上げられていた、北海道の広い平原にある見通しの良い交差点で、高速での出会い頭の衝突事故が起こるとう事故について思い出した。
道交法の問題で言えば、止まれを見落とした方に責任があるのだが、それにしても、見晴らしがよいにもかかわらず、なぜ、相手の車に気づかないのか?

それは、互いにほぼ同じ速度で、同時刻に交差点に入るように進んでいる車は、互いの車は、常に、左または右45度の一定方向に見え続けることになる。このため、動きが感じられず、見落としてしまうのだ。

そのことと、船の衝突と直接関係ないか、とも思ったのだが、そうではなかった・・・
ちゃんと書いてあった~~~。

海上衝突予防法 第7条(衝突のおそれ)

 船舶は、接近してくる他の船舶のコンパス方位に明確な変化が認められない場合は、これと衝突するおそれがあると判断しなければならず、また、接近してくる他の船舶のコンパス方位に明確な変化が認められる場合においても、大型船舶若しくはえい航作業に従事している船舶に接近し、又は近距離で他の船舶に接近するときは、これと衝突するおそれがあり得ることを考慮しなければならない。

考えてみると、互いの進路のなす角が直角でなくても、あるいは、同じ速度でなくても、同時刻に一点を通過するように直進している2隻の船は、互いに常に一定の方向に見えるんですよね。なるほど確かに。
でも、どのように避けるのがベストなのかは、互いの針路と速度が分かってないと判断できないね。それにイージス艦ならまだしも、もしタンカーのような巨大な船だったら、容易に減速もできなければ舵も切れないので、かなり手前で判断しなければ間に合わないと思うのだけど、実際問題どうなんでしょうか? ほんとに避けられるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »