« 深イイ話 ボビー・オロゴン面白い! | トップページ | コード・ブルー 比嘉愛未 »

2008年8月13日 (水)

モネ 逆さの睡蓮

パリのマルモッタン美術館に掲げられたモネの「睡蓮」が逆さであることを、西澤潤一氏が指摘したという話が、人生を変える1分間の深イイ話 に出ていた。

絵を見ると確かにおかしいのは私にも分かった。

http://www.ntv.co.jp/marumo/exhibition/02_02.html
※この絵は正しい向きです。

睡蓮の葉が実体を描いているのだとすると、それに隠れている草の葉や雲は水面に反射した物という事になる。

すると、草の葉は正立している事がまずおかしい。逆さ富士、なんていうのがあるが、水面に映る像は逆さになるはず。

元の絵のかけかたでは、この反射した草の実体は、逆さで、しかも宙に浮いていることになる。

逆さにしてやると、いや、それが正しいのだろけど、この草の実体が絵の上の枠外に存在していることになり、何の違和感もなくなる。


秋元康は、門外漢がそれを見つけたことに対して、深イイと評価してけど、私は、門外漢ということだけでは、理系的な視点で見ること、さらには、物事を独自の視点で見る研究者ならではといった感じでしょうか。

|

« 深イイ話 ボビー・オロゴン面白い! | トップページ | コード・ブルー 比嘉愛未 »

コメント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%BE%A4%E6%BD%A4%E4%B8%80
西澤潤一博士ですよ。

投稿: | 2013年3月11日 (月) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147422/42153535

この記事へのトラックバック一覧です: モネ 逆さの睡蓮:

« 深イイ話 ボビー・オロゴン面白い! | トップページ | コード・ブルー 比嘉愛未 »