« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月28日 (火)

ブルックナーの何番だっけ?

NHK にチャンネル廻したら、やってたんだけど。

最近いろいろと思い出せないことが多くてね。でも、なんとか当たりました。第3番です。

ブルックナーで初めて聴いたのがこの曲だったな。高校1年の頃です。

マリス・ヤンソンス バイエルン放送交響楽団か。
第一バイオリンの中に、なんか日本人のおばさんっぽく見える方がいたのが妙に気になった。雰囲気は、菅井きんみたいな。

昨年11月に来日したみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

資生堂 リバイタルグラナス 2

http://www.shiseido.co.jp/revital_granas/

うーむいかん。

クロイツェルソナタではないか。
完全にベートーベンではないか。

なんで、シューマンと間違えるかな・・・俺bearing

というわけですが、諏訪内晶子さんの出てるCMのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

CEATEC 2008 イベコンさん

だいぶ時間がたっちゃいましたけど、
幕張メッセで開催された、CEATEC JAPAN 2008
に行ってきました。

主目的は展示を見ることだったのですが、
イベコンさんの写真がどうしても撮りたくなって、
持っていた小型デジカメで合計数枚ほど撮らせていただきました。
これでわたしもカメコ??

その中から最もお気に入りの3枚を掲載しました。
いずれも、ブースの前でビラ配りをしていたお姉さんなんですが、個人的には、壇上に立つモデルっぽいおねえさんより、かわいらしい人が多かったように思います。

続きを読む "CEATEC 2008 イベコンさん"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月13日 (月)

Q様!! 秋の豪華版真剣3時間脳力バトル

http://www.tv-asahi.co.jp/qsama/

て番組を見ておりましたが、椿姫彩菜って今、青山学院大学へいってるそうですね。回答の様子を見てましたが、結構賢いんですね。かわいいし、いいなあ。


オフィシャルサイト
http://www.tsubaki-ayana.jp/
ブログ
http://ameblo.jp/tsubaki-ayana/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんだん4回目

どうでも良いことですが、coldsweats01

本日、だんだん (13) を 見るのが4回目だ。

7:30~BShi、 7:45~BS2  8:15~地デジ そして、12:45~地デジ


結構はまりましたので、このまま最後まで見続けることになりそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読字障害って!?

という言葉を初めて知りました。

NHKスペシャル 病の起源 第4集 「読字障害」

の放送を見たのですが、日本では20人に1人は読字障害と言われているそうで、それって結構多いですよね。


私はというと、文章を読めないことはないけれど、得意ではないですね。国語が苦手でした。会話もうまくないけど、それは読字障害とは少し違いますが。

もともと人の言語能力は音声による伝達から始まっていて、読み書きも、脳の中では音声を介してて処理している訳で、確かに、心の中で声を出さないようにして本を読もうとすると、全く意味が把握できません。
読字障害の人たちは、とても不便な思いをしているのでしょうが、おそらく、それを補うために自然とイメージによる認識能力が高まってくるんでしょうね。


私は読字障害という訳ではないですが、でも、画像認識能力の方がどちらかというと卓越しているかもしれません。

新幹線とかの指定席券の席の番号を覚えるとき、心の中で読み上げるよりも、番号を頭の中でイメージした方が思い出しやすいです。
それに、地図なんか、簡略化された道路と目印だけが書かれたものは苦手で、むしろ、道路の形状、距離、幅などが正しく書かれた地図の方が私にとっては理解しやすく、そのイメージを記憶して、それに従って歩いたり、運転したりして目的地に着くこともできます。

そういったことから、私も、イメージによる認識能力の方が卓越しているのかなと思ってます。

それにしても、同じ人といっても、それぞれ、様々な能力の違いがあるんですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年秋ドラマ

すでに始まったドラマもございますが、一言二言。

さあ、2009年秋ドラマ、どれが面白いのでしょうか?
☆の数は私の個人的な期待度です。

ドラマの内容については、それぞれのリンクをクリックしてね。

そういへば、週刊プレイボーイ も10/27 No.43に、秋ドラマヒロインの「勝負ポイント」はここだ!っていう特集がありました。巻頭カラーは、堀北真希ちゃんだし、そちらのほうも是非ごご覧下さい。

続きを読む "2008年秋ドラマ"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年10月12日 (日)

逢沢りな

炎神戦隊 ゴーオンジャー

...って番組にたまたまチャンネルを合わせたところ、
おっと、かわいいじゃないですかlovely

誰だ誰だ?

ゴーオンイエロー 楼山早輝役の逢沢りなちゃんです。
一度まあご覧下さい。


オフィシャル WEBサイト
http://www.box-corporation.com/rina_aizawa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハ ゴールドベルク変奏曲

この曲を心底いいと思い始めたのは最近のことだ。
なんて深くて、しかも安らぎのある音楽なのだろう。


バロック音楽って、何か堅苦しくて練習曲っぽくてつまらないという先入観を持っていた。クラシックは小さい頃から聴いていたけど、どちらかというとのめり込んで陶酔できるような音楽が好きだった。例えば、ベートーベン、チャイコフスキー、ブラームス、ラフマニノフ、ブルックナー、マーラーと言った具合だ。

それも、気分によって聴くことができる音楽が違ってて、マーラー、ラフマニノフ、シューマンでとことん落ち込んでみたり、元気なときはベートーベンとか。

モーツァルトなんか、一般には癒しの音楽のように言われているけど、かなり寂しさを増長させるようなところがあって、例えば、交響曲第40番のゆうな、メジャーコードの曲ですら、何か終焉に向かって引き込まれていくような感覚にとらわれる。


バッハは、20歳のころ友人の影響で、グールドを聴いたこともあるけど、自ら進んで聴くと言うことhなかった。
けど、今年、NH<の「知るを楽しむ」でグレン・グールドが取り上げられていたのを見て、ゴールドベルク変奏曲を聴き始めた。
なんて心安らかで、なおかつ深いんだろうと思うようになった。
平均律クラヴィア曲集なんかも、昔は練習曲のようなものだと思っていたのだが、これも好きになった。


グレン・グールドのアルバムとしては、デビューアルバム1955年と、死の前年1981年の録音がある。それぞれ良さがあるが、最近は、後の方を聴いている。

1955年のは、モノラルで、概してテンポは速めで繰り返しがない。技巧はすごいが、録音のやり直しをしていないせいか、ミスタッチもかなりある。
1981年録音のは、もちろんステレオデジタル。ゆっくり目。テンポの速いところ、多少指が廻ってない感じのするところもあるが、深みのある演奏だと思う。

どちらを買うかは貴方次第! かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

蒟蒻畑が製造中止だなんて...

あの食感がたまらないのにね。
いつ無くなるんだろうか?

スーパーに行ったらまだ有ったので、思わず買ってきました。

コンビニでは、バック入りのチューチュー吸うタイプのが
あるんだけど、あれじゃちょっとねえ。

でも、確かに噛んで崩さないまま飲んじゃうと、
その弾力性ゆえにのどが詰まっちゃうのよね。


Konyaku1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKのドラマを最近

最近割と見るようになった。

篤姫は当然見てますが、それ以外に、

すでに終わったけど、
キャットストリート 全6回シリーズ
http://www.nhk.or.jp/drama8/catstreet/

谷村美月、黒川智花といった実力ある若手女優が出演。個人的には二人とも好きで応援してますので、両者を存分に見ることができたのがとってもよかった~。


そして、10月から始まった
七瀬ふたたび 全10回シリーズ
http://www.nhk.or.jp/drama8/nanase/

このタイトル知ってる。私は見てないんだけど、昔放送しているはず。タイトルは聞いたことあるんだよね。
調べてみたら、NHKの 少年ドラマシリーズ っていうのがあって、その中に、「七瀬ふたたび」もあった。
http://www3.airnet.ne.jp/haramaki/gekiban/closeup/NHKsyounen/NHKsyo1.html#LIST

タイムトラベラーとか見てたなあ。あれも、七瀬ふたたびと同じく、筒井康隆が原作です。あの「時をかける少女」です。「夕ばえ作戦」、「長靴下のピッピ」なんてなつかし~。歳がばれるナ。coldsweats01


そして、
朝の連続テレビ小説 「だんだん

まなかな つまり、三倉茉奈、三倉佳奈の主演。
実はあの「ふたりっ子」は見て無いんだけど。

今回は、初回のみ見て、あと9回分も録画をためちゃってたんだけど、なんとなく、二人が出会う場面を最初からちらちらと見せちゃってるのが面白くなくて、見るかどうするか、ちょっと迷ったんだけど、結局今日、一気に全部見ました。なんか面白そうなので、見ることにします。happy01

めぐみの友達、門田役 寺田有希 ちゃんて、なかなか可愛らしいじゃない!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年10月 9日 (木)

心臓トーチカ

やわぁ・・・・と、うちの母がよく口にする。

幼き頃から何度も耳にしてきた言葉なのだが、最近ようやく本当の意味を理解した。

トーチカのように頑強な心臓ということで、毛の生えた心臓というのと同じようなものか..

そういう心臓のことを、トーチカ心臓 とも言うようで、検索したら何件かでてきた。

その中で興味深いものを見つけた。

ある職業婦人の日記
http://www16.ocn.ne.jp/~fobasan/

明治うまれの女性が大正12年から昭和58年までの間に
綴られた日記を遺族が公開したものである。
大正、昭和というと歴史の授業とか、
映画、ドラマなどでしか知らない世界だが、
映画、ドラマで描かれる世界というのは、
ある意図を持ってあるバイアスをかけて描かれた感じがして、
あれを見ても本当に将来、戦争を起こるのを防ぐことが
できるのか、疑問を感じている。

それよりも、当時の人たちは、本当はどんな風に
いろいろな歴史的な事件について、
どのように感じながらくらしていたのかな?
ということが知りたいと思っていた。

この日記を読んでいると、
歴史的に重要な事件も、
さらっと流されていたりして面白い。
それが後で歴史的にどのように影響していくのか
分からない当時としては当然かもしれない。

また、戦争激化に向けて、
どのように意識が変わっていったか
終戦についてどんな風に思ったか?

などなど、短い簡潔な文書なから、
日記という特性のせいか、
現実感があるし、また、ストレートにその人の思いが伝わってきて
興味深い。

これはある意味、1つのサンプルであって、
違った感じ方をしている人たちもいたのであろうが、
しかし、当時を生きていた人の状況を伝える
貴重な資料であるように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 8日 (水)

堀北真希ちゃんカレンダー2009

今年はまだ2ヶ月ちょっとありますが、もう、2009年のカレンダーが届きました。heart

Horikitacal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

ざっくりマンデー

http://www.tbs.co.jp/zakkuri-monday/

って番組始まった。

ゆうこりんが出てる。小倉優子ね。

がっちりマンデーの親戚? と思って見てたら、ゲストががっちりマンデーのMC、加藤浩次と常連ゲストの森永卓郎じゃないですか。

そういや、なぜ、「がっちりサンデー」じゃないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CEATEC JAPAN 2008

http://www.ceatec.com/2008/ja/

へ行ってきたわけであります。

10月4日(土) 最終日。早起きしていざ幕張!

10時会場とともに入場。しばらくはまだすいてて、BOSEコーナーの車載のコンポ?とか、NICTでは 3D映像とかはすぐに見れましたが、午後になるとさすがに混雑してきました。

村田製作所のセイサク君は相変わらずの人気で、さらにセイコちゃんも加わり、午後になると人だかりがすごくなりましたね。


カメコさんが結構いるようですが、やっぱり、こういうイベントではイベントコンパニオンも気になったりしますね。happy01

ブースの壇上に上がる人たちはおそらく、そういった人たちの中でもギャラが高かったりするのかなぁ? なんて思ったりするけど、きれいなのかもしれないけど、なんか面白みにかけるというのか、私はどちらかというと、ビラ配りしている、ブースの前面に立っている人たちの方が、いい表情してたりして、いいなって思う子が多かったですね。

というわけで、何を見に行ったかよくわらないのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

BSフジで のだめ再放送

が始まりましたね。

前回見たときはアナログでしたが、今回はデジタル。

プラハの景色がすごく美しい!!
そして、のだめの部屋はすごくきたない。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

純情きらりの再放送

が始まりました。

チャンネルは、NHK BS hi で、19:45から。
多分、月から土まで週6の回放送だと思います。

それにしても、実になつかしいのオープニングの音楽。( ^ω^ )
大島ミチルですね。
リアルタイムのときは、アナログ放送で見てたので、
今回、デジタルで見て美しさに少し感動です。


今は第1週 「父の見合い」で、桜子は宮崎あおいではなく子役の美山加恋。
そして、当然、達彦さんも、兄弟たちんも子役なんですが、
あの北乃きいが、長女、笛子役だったんですね。

ライフで北乃きいを見たときに彼女に興味をもち、
経歴を調べてみたら、
純情きらりの長女笛子の幼少時代の役をやってたことが分かったのだけど、
全く印象に残って無かったんですよね。
どんな子だったっけ???

それで今回は、北乃きいをじっくり見てみた。

そしたら、声はまさしく北乃きいの特徴的な声。happy01
でも、髪型が後ろで結んでるためか、北乃きいには見えないcoldsweats01

笛子の役柄なのかもしれないけお、今いちかわいく見えないんですよ。
それで印象に残ってなかったのだな~と、改めて納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »