« たまゆら オーブの正体について | トップページ | 深イイ話 はんにゃ »

2009年3月20日 (金)

たまゆらの動画を撮る

たまゆら(玉響) あるいは、オーブの写真が写る理由については、
http://rachmaninoffcool.cocolog-nifty.com/rach/2009/03/post-4953.html

で説明しました。
ここでは、もうちょっと進めて、
ストロボ光以外の光による撮影や、
動画撮影を試してみましょう。

これが、部屋で撮影したたまゆらの写真で、
白っぽい丸がいくつも写っています。
埃をたてて、ストロボ光で撮影しています。
Tamastro












次に、写真のように、ストロボ光の代わりに、LED懐中電灯の強い光が、デジカメのレンズ直前方向に当たるように向けて撮影してみました。Tama1_2










すると、次のような写真がとれました。丸ではなく、幅を持った軌跡となっています。これは、部屋が余り明るくなく、シャッタースピードは、1/15秒とおそいために、動いている埃がこおように軌跡を描くのです。
Tamaled











最後に動画で撮影してみました。すると、たまゆらが動いている様子がよくわかります。これは、まさしく、LED光に照らされた埃そのものであることが理解できると思います。

埃による「たまゆら」の動画
「tamamov.mp4」をダウンロード


たまゆらの写真は、カメラのレンズの直前に細かな粒子が
浮遊して、それが強い光で照らされるときに移ります。

「粒子」としては、たとえば、埃、霧、雨粒など、
ほこりっぽい部屋、雨の降っている屋外、
噴水や滝の近く、霧の天候時などです。

「強い光」は、最もよくたまゆらが撮影できるのはトロボ光。
発行時間がきわめて短いため、動いている粒子も丸く写ります。
しかし、太陽光や懐中電灯の場合には、
シャッタースピードが遅いとたまゆらは丸ではなく、
ある太さを持った軌跡を描きます。

しかし、ストロボを炊かない場合、ふつうは周囲が明るいため、
背景とのコントラストがなく、とほとんど見えないでしょうね。

|

« たまゆら オーブの正体について | トップページ | 深イイ話 はんにゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147422/44407850

この記事へのトラックバック一覧です: たまゆらの動画を撮る:

« たまゆら オーブの正体について | トップページ | 深イイ話 はんにゃ »