« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月24日 (水)

白い春 ~最終回~

楽しみにしてた 白い春 が終わって非常にさみし~です。

まだ見てない人は、ネタバレ注意です。


続きを読む "白い春 ~最終回~"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月22日 (月)

週プレ 眞鍋かをりインタビュー記事

週刊プレイボーイ No.27  7・6 2009年

54ページ

今回はグラビアじゃなくて、インタビュー記事!

芸能生活10周年 記念碑インタビュー 

ということことで、10周年なんですね。

これでまでの芸能生活での、
多分、正直な思いが語られていていると思うのですが、
なかなか面白かったすね。
今後も彼女を応援したいなと思うのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

白い春 いよいよ最終回

いよいよ明日、6/23は白い春の最終回。
結末がどうなるのか楽しみですね。

第10話で、佐倉(阿部寛)がパン屋やめると言い出すっていう
展開は読めてなかったな。

そいで、栞(吉高由里子)は、さち(大橋のぞみ)に本当のことを
言いそうになったところで終わったけど、どうなるのか?
もしかしたら、思いとどまるってのも有るような気もするし。

それから、予告編では、800万猫ばばしたのは、
安岡(デビット伊東)だったのか? 疑惑が浮上してきた感じだし。
これは有りそうだな。
デビット伊東って、ああいう胡散臭い男の役似合うね。

小島(遠藤雄弥)は、栞に結婚して欲しいと切り出すようだし、
どうなるのか?

佐倉は、ひとりで去っていくのか???
全然わかんないや...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

噛むんとフニャン

ロッテのガム Fit'sのCM

佐々木希(ささきのぞみ)ってきれいな顔してるなぁ。
ちょっときれいすぎるような気もするが。

どんな人かいな、とWikiを調べてみたら、
神の雫に出てたセーラがこの人だったのか。
見てたのに名前覚えてなかった..
CM見て初めていいと思った。

でも、このCM、そのきれいなお姉さんと
きれいでない渡辺直美の組み合わせ、
そして、あの体格に似合わない動きの良さがポイントなんだよな。

試しに真ん中の渡辺直美を隠してみると、
いまいちインパクトがないんだよ。
だから、あんまり見たくはないんだけど、
彼女が出てる意味はあるんだね。

佐々木希 オフィシャルブログ
公式プロフィール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都高渋滞対策アクションプログラム

ということで、新規の道路建設だけでなく
既設道路の改造による混雑緩和の計画もあるようだ。

首都高渋滞対策アクションプログラム

個人的には、堀切小菅ジャンクションの渋滞解消に注目してるのだが、
ここは、中期計画で車線増による対策を考えているらしい。
ちなみに、中期計画というのは10年以内の実施を目指すもので、
短期は3年程度である。

現状の堀切小菅ジャンクションは、
都心方面はと、6号三郷線とS1川口線から合流して4車線となり、
平面交差して、5号向島線と中央環状線に分岐する。

ここでは、三郷線から銀座方面へ行く車と、
川口線から湾岸へ向かう車が互いに車線変更するのだが、
両方とも交通量が多いのに加えて、
中央環状線が四ツ木あたりで渋滞していることが多く、
さらに合流部での速度低下を招いているように思われる。

中央環状線、四ツ木のあたりの渋滞を緩和する必要があるのだが、
あれば何で渋滞するのか、よく解らない。

計画では、中央環状線から5号小松川線へのジャンクションを
造る計画があるのだが、このままだと堀切小菅ジャンクションの
渋滞緩和にはつながらないと思う。
むしろ、私は、向島線からも小松川線へ直接つないでほしいのだが。

中央環状線て、平面での合流分岐を行うジャンクションでの
渋滞がネックになるので、環状線としての効果が出にくいと思うんだな。

中央環状線を3車線にするとか、
ジャンクションで平面交差しなくてすむように、
三郷線から向島線、あるいは、川口線から中央環状線への渡り線を
設けるとかどう?
用地とか、予算とか難しいか・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すイエンんサー コードのグルグル

コードのグルグルを何とかしたい!

いつものようにAKB48、謎を調査するわけですが、
今回は電話コードのグルグルの謎を解明。
そんな原因があったなんて~気づきませんでした。

調査するのは、
中塚智実(クリス)、田名部生来(たなみん)、浦野一美(CinDy)が
  いつも同じだっけ??

電話のカールコードのグルグルって、確かに言われてみれば、
自分の使う電話コードもそうなってるし。
日頃、割といろいろな事に疑問を持つんだけど、
こればかりは、理由があるなんて考えたことは一度たりともなかったな。
自然になるもんだとばかり思ってた。

さて、謎解きのヒントを与えたのは、グルグル博士として登場した、
三林洋介准教授 東京都立産業技術高等専門学校
結局、受話器の持ち替えが原因なのだが、

カールの向きとひねる方向によって、
「ツイスト型」と「切り返し型」の2通りが生じるのだそうだが、
AKB48の大島麻衣、品川祐、庄司智春が
実験で確かめる

自分の電話は、確か、切り返し型だね。
これをまた、長電話になったときに、
無意識のうちにねじりを直し始めたりするんだよね。

さて、調査はさらにすすみ、
ねじりが生じる人ととそうでない人がいる理由に迫る。
八田武志教授 関西福祉科学大学
がその謎解きの手助けをしてくれたのだが、
結局、利き耳と利き手の関係が、グルグルが発生するかどうかに
関係しているらしい。

私の場合は、効き耳は右、利き手は右。
だから、右手から左手に受話器を持ち替える。
すると、カールコードをほどく方向にねじり、
切り返し型のねじりが生じる。
と言う訳か...

まあ、どうでも良いことかもしれないけど、
でも、こういう事を疑問に思ったり、
その謎が解るっていうことは、
脳にとって良い刺激になるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月18日 (木)

大河ドラマの思いで

私がタイトルに聞き覚えのある最初の大河ドラマは、
樅ノ木は残った
なんだけど、テーマ曲を聴いてもぴんと来ない。

テーマ曲を知ってる最初の大河ドラマは何かというと、新平家物語

国盗り物語あたりは、かなり極を鮮明に覚えてる。
斉藤道三だよね、この話しは。

続いて、
勝海舟、元禄太平記、風と雲と虹と
花神、黄金の日々、草燃ゆる、獅子の時代

このあたりは、すごく曲を良く覚えてる。

ところが、話の筋はと言うと、ほとんど分かってないんだな。
これが、両親が見てるから見てたんだろうけど、
両親が、ああだこうだと登場人物を評したりするのだが、
よく理解できなかった。

そおあと、おんな太閤記あたりから、曲の印象が残ってない。
多分、下宿を始めた歳なんだろう。
一人になったら大河ドラマを見なくなったね。
話題の独眼流政宗春日局も見てないし。

その後、ちゃんと全回見た大河ドラマは、たった2作
徳川慶喜 と 篤姫
とちらも幕末だね。

さて、テーマ曲で好きなランキングsign03

私が知ってる曲の中で最も好きなのは、花神
これは、林光作曲。
すごく親しみやすい、言いメロディーなんですよね。
大河ドラマのテーマとしては珍しく、
繰り返しで、曲の構成は単純なんだけど、
最後のクライマックスが感動的だね。

第2位、黄金の日々
これも親しみやすい旋律
そして、中間部にうつるところの節回しがとても好き。
で、最後のクライマックスがまた感動的で泣けてくるんだ。
トランペットが苦しそうに主旋律を鳴らしているのが痛々しいけど。
鐘がカン・カン・カン と3回鳴る所が最高にいい。
この主人公は「すけざ」って言ったね。
若き日の松本幸四郎だ。

あと、風と雲と虹と は、今は亡き 山本直純の作曲だったと思う。
節回しはくさいんだけど、そこはそこ、まとめ方はさすがね。

確か、一番最初のシーンで、人の乗っていない馬が駆けてくる
のはこれじゃなかったっけ?
主人公、だれだかわかんないけど、戦に敗れて、
馬だけが走って帰ってくるという、結末のシーンが
冒頭で出てくる。
白夜行の最初みたいなもんだね。
想像するだけで、なぜか涙が出てくるんだけど。

あと番外で、獅子の時代は、有る意味すごいよね。
オケに合わせて、エレキをガンガン鳴らすってのは、
多分これだでしょう。
港のヨーコ でおなじみの、宇崎竜童さんです。
出だしのリズムがなぜか、風と雲と虹とに酷似?
中間部のしめっぽい所の旋律が臭すぎるのが難点だが、
それを吹き飛ばすように、クライマックスでは
さらにエレキを鳴らしまくる。すげー!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月15日 (月)

蒟蒻畑3兄弟

セブンイレブンでは、蒟蒻畑3兄弟がそろってます。
色的にはまるで信号みたいですが。

Konyaku3

 

以前のマンナンライフの蒟蒻畑が販売中止になって、
蒟蒻畑ファンとしては非常に寂しい思いをしていたところに、
最初、クラッシュタイプの桃味が発売され、
ためしに買ってみたんだけど、
食感も風味もいまいちピンとこなくて、
それ以後あまり買わなかったんだよね。

ところが、次に発売されたマスカット味がなかなかよくて、
気に入ってしまった。
蒟蒻畑の食感とマスカットの食感がなんとなく似てるのよね。

 

さらに、グレープフルーツ味が出たんだけど、こっちの方がさらにいいsign03
グレープフルーツ独特の味がよく合ってる。

マスカット発売後、ほぼ毎日買うようになったんだけど、
他にも買うお客さんがいるのか、
セブンイレブンで、並べてる数が増えてきたね。
わたし、基本はセブンイレブンしか行かない人なので、
他のコンビニのことはわかりません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月14日 (日)

WALKMAN更新!

とにかくクラシックを沢山詰め込みたいということで、
何年か前に買ったのが、SONYの NW-HD5

ハードディスクタイプのため少々重たいのだが、
長大なクラシックを何十曲も詰め込めたので重宝してた。
しかし、ここにきてバッテリもへばり気味なので、そろそろ更新しようかと。

そこで、機種を検討。
最初は、iPodにするつもりだったが、
SONYの製品を見てるうちに気が変わった。
やっぱり、俺は音楽が聴きたいんだsign03
と再認識し、音質重視で、SONY NW-X1060 に決定。

ところが、Amazonの配送予定は10日以上先という。
割と売れ筋なのかしらん?
そこで、近所のヤマダ電機 2件廻ったけど、
NW-X1050(16GB)はあったが、32GBのがない!
何件か車で廻った末、ケーズデンキ発見!
元LAOXだった店舗がいつの間に?

入ってみると、ラッキーなことに在庫が合ったhappy01
NW-1060/R (レッド)、NW-1060/B(ブラック)いずれも有る。
いつもならブラックを選択するのだが、気分でレッドを選択。
ワインレッド系は割と好きなのだ。

さて、使ってみてどうか..
まだほんのちょっとしかさわってないのだが、
まず音質は期待どおりだ!
前の NW-HD5と全然違うぞい。
グールドの呟きが明確に聞こえるし、
オケも楽器の息づかいみたいなものがよく聞こえる。
とってもクリアで、脳が嬉し~って言ってるのがわかる。
良かったぁ。
これからいろんな曲を聴いてみるのが楽しみだ。

ノイズキャンセルのスイッチはONでもOFFでも
室内で聴く限りは違いがよく分からない。
イヤホンは、耳をピッタリふさぐので、
それだけでも、ある程度、周囲のノイズを遮断してくれる。

それから、有機ELディスプレーを使用してます。
有機ELって、展示会でなんかではSONYのブースで展示されて
注目を集めていたけど、
こうやって、実際に製品に採用されたんですね。

さて、写真を紹介しておこう。
Walkmanbox
これが外箱。レッドと書かれている。

Walkman2
右が SONY NW-HD5 (旧)
そして左が SONY NW-X1060/R (新)
サイズはちょっと細身。
重いという批評も見かけたが、
ハードディスク・タイプを使ってきた
私にとってはむしろ軽いとさえ言える!

 

Walkmanplug
5極のプラグ。
おそらくノイズキャンセル用のラインがあるのだろう。

Walkmanyear

イヤホンはこんな感じ。
ノイズキャンセル用のマイクの穴が見える。(右側)
耳の穴にピッタリフィットする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月13日 (土)

トレーラー横転事故

が相次いで起きている。

トレーラーには、その構造から特有の特性があるし、
コンテナに関しては、積み込み方による重心の偏りの問題があったりと、
一般の大型車とはまた違った点があるだろう。

たとえば、コンテナトレーラーで、次のような実験も行われている。
コンテナトレーラー横転事項防止

ふと、思ったのだが、たいていの実験では、
主としてコーナリング速度に注目して実施している場合が多いのだと思うが、
私は、ブレーキングとコーナリングをの2つを絡めた挙動については、
検証すべきではないかと思うのだ。

トレーラーには、実に4種類のブレーキが有るらしい。
トレーラーには4個のブレーキがある

それぞれ特徴があって、使い方によっては、
車体が不安定な挙動を示すこともあるだろう。
コーナリングの手前では、一般に減速するはずだから、
その時のトレーラーの挙動がどうなるのか?
その状態でコーナーに侵入したときどういう挙動を示すのか?
というのは重要なポイントではないかと思うのだ。

トレーラーの中でも、タンクローリーの場合は、タンク内の液体の
挙動がさらに、車体の挙動に複雑な影響を与えるだろう。

例の、2008年8月3日、首都高池袋線下り、中央環状線合流地点で
発生し、長期間、首都高が閉鎖となったタンクローリー事故、
写真を見た所、トレーラータイプのものだ。

事故原因について、検索しても見つからないのだが、
結局どうだったのだろうか?
時速何kmでコーナーに進入したのか?
その手前でのブレーキングはどうだったのか?
ブレーキによる減速不足だったのか?
減速の仕方が横転に影響したのか?

誰が悪かったとか悪くなかったという事も重要だが、
次の事故防止に役立つような情報を是非とも提供して欲しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い春 #8

実はすでに、#9まで見てますが、
阿部寛いいすね。
何度も言ってますけど..happy01

ふてた態度で憎まれ口をたたきながらも、
娘のこととなると思わずマジになってしまうし、
嬉しくて思わず表情がほころぶけど、
また元に戻る...
ってな具合で非常に複雑な心の動きの表現が見事。
演出もいいんだろうな。

#8では、りんごの皮むきで、
パン屋(遠藤憲一)と佐倉がなんか対抗心を燃やしちゃって、
強面の顔でムキになってるところがおかしかったー

#9では、佐倉とパン屋 村上との間に、
かなり信頼関係みたいなものが芽生えてきたような感じが見えたね。
高村佳奈子(白石美帆)の方も、少し前から、自分の正直な気持ちを
打ち明けたりと、佐倉春男(阿部寛)に対する見方が変わってきたし。

最終的には、佐倉と高村がくっついたりするのだろうか?
西田栞(吉高由里子)とはないように思うのだけど。
そして、佐倉が本当の父親と名乗ることがあるのかどうか?
ある、っていうと普通だし、「ない」っていうのも有りかな?

あと残すところ2話。
今季、このドラマがが一番の楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

どぼじでどぼじでどぼじでなのよ

ってのは、ハクション大魔王でしたっけ?

40年も経て、ようやく、突然、意味を理解した!

・・・ような気がする。

どうしてどうしてどうしてなのよ?

に濁点をつけたもの???
ってことでいいのかな?
間違ってたらあほみたいだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

足利事件から何を学ぶのか

実は、足利事件の詳細を知ったのは最近のニュース見てからのこと。

裁判の経緯をすべて把握してる訳じゃないけど、
私の印象では、
あの当時のDNA鑑定技術はまだ高いとは言えなかったが、
警察としては予算を取っている関係もあって、きっと、
研究の成果をアピールしなければならない状況があっただろう。

一方、現場の警察官にしても、裁判官の側にしても、
こういった科学技術というものに免疫がないというか、
科学技術を有り難がりすぎるというか、
絶対視しすぎるというか
結局、DNA鑑定結果に振り回されたのではないか。

当時の技術レベルを判断するといのは、
文系の裁判官には難しかろう。

技術系の人間なら、技術の限界や、
技術によって得られた成果が正しいと言えるためには、
いろいろ前提条件があったりすることなど、
科学技術によって得られる成果のニュアンスを理解できる
と思うのだが...

これは、例えば、速度違反取り締まり用のレーダーの結果について
争った裁判でもそうだった。
レーダーの記録だって、測定のやり方によっては間違いが生じうる
のだが、素人さんは結果は絶対だと思ってしまうんだよね。

おっと、タイトルと違って、
ただの文系批判みたいな感じになっていしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

竹内薫の書籍2冊



萌え美少女 量子が量子力学についてやさしく解説してくれる科学の本。
だからといってよく理解できるかというと、なかなか難しいかも。
量子もつれ、エンタングルメントって、やっぱりよく判らない。

ちなみに、この本は、秋葉原の通路の小さな本屋で見かけて、
思わず買ってしまった。

余談だけど、量子と言えば、私の年代だと佐野量子を思い出す。
昔アイドル、今は武豊の奥さん。
かわいくてね、結構好きでした~happy01
芸名では「りょうこ」と読むけど、本名では「かずこ」と読むらしい。



これは、週刊プレイボーイの6.15 No.24に紹介されていた本で、
実は、まだ買ってないし読んでもいない。
でも、紹介記事を見て、何となく自分の期待しているもののような気がした。

そもそも、学問としての経済学って、いったいいかなるものなのか?
という疑問を昔から感じていて、
というと経済学者の方には失礼かもしれないが、
でも、我々の生活、大企業の活動、政治、国家、いろんなものが
絡んでいるだけに、本当は真実は隠されているのではないか??
という疑惑を払拭できずにいる。

おそらく、竹内薫氏も科学者としてのものの見方から、
そんな風に感じているのではないか?
と勝手に解釈しているのである。

おそらく、理系の人間は、経済をひとつの制御系として
見たくなると思うんだけど、昔は、神の見えざる手とか言って
市場原理に任せとけば、ネガティブフィードバックが働いて
安定するんだよ、みたいな主張があったけど、
現代の経済は、ポジティブフィードバックが働く要因が
たくさんあって、完全に不安定な系だと思う。
バブルの崩壊がそのいい例だと思う。

さてさて、この本は、財務省OB,である高橋洋一氏が
指南役を務めていて、ある意味いわくつきの本だ。

でも、あの事件、報道されている内容は、
いまいち意味不明で、釈然としない事件である。
その後の経過がさっぱり聞こえてこないが、
どうなったのであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »