« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

Yellow Magic Orchestra登場

Schola 坂本龍一 音楽の学校

Drums & Bass のシリーズが始まりました。

講師の坂本龍一に加え、高橋幸宏、細野晴臣がゲストに招かれた。

細野晴臣は帽子かぶってたけど、白髪が目立つね。
もちろん坂本龍一の髪も白いが、だいぶ見慣れた。

番組のしめくりに、
Thousand Knives (千のナイフ) が演奏されたのだが、
テロップで、 Yellow Magic Orchestra と表示された事がすごく感動的!

あの散会後、3人そろっての活動というのは見たことがなかったが、
今回、こうして、「YMO」として演奏しているのだと思うとね。

しかしながら、実をいうと、千のナイフって、たぶん初めて聴いたんだよ。
聴いたことはあるのかもしれないが、少なくとも記憶にはない。
初期のころの BGMだとか持ってなかったし。

YMOを聴き始めたのは遅くて、
すごく流行ってたころは、あまり見向きもしなくてね、
テクノデリック、サービス、アフターサービス あたりのLPからなのだ。

みんなのきいているものは聴きたくないみたいな、
ちょっとあまのじゃくなところがあって...coldsweats01

Schola YMOファンは見るべし


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

Schola にYMO

NHK教育 Schola 坂本龍一 音楽の学校

バッハ、ジャズと4回ずつの放送が終わり、

次のシリーズは、ドラムズ&ベース編 

で、細野晴臣、高橋幸宏が登場する。
YMOメンバーの再会、楽しみですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

Google パックマン

Google のサイ トにパックマン登場
ナムコのゲーム、パックマンが30周年ということらしい

学生の頃、飲み屋のテーブルゲームでよくやったが、
少し酒が入ると、調子がよくなってスコアがぐんぐん伸びた

きっと、普段緊張しすぎだったんだろうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新・三銃士 早くも

次回で最終回らしい。もっと続くかと思っていたのだがちと寂しい。
「最後の戦い」の回では、猿のブランシェの台詞が笑えた
新・三銃士 公式サイト

ダルタニアン(声:池松壮亮)が、ロシュフォールとの決闘に破れて死に際の
トレヴィル隊長から聞かされたダルタニアンの父、ベルトランロシュフォールの関係
について開かした。

そして、最後に、ダルタニアンの出生の秘密について語る前に息をひきとる。

トレヴィル隊長が最後に語ろうとしていた事は何か?

コンスタンスに、
「あなたもきっと分かっているんじゃない?」
と言われ、
黙って考えているダルタニアンの心の内を代弁するかのように、
猿のブランシェが、

「パパ ロシュフォール」

と言葉をしゃべってるところがメチャ笑えた。

ロシュフォールとの決闘の後のシーンでも、
去っていくロシュフォールに、「パパ とうさん」 とか言ってたし。

この歳で、こんなものを見ていてよいのかと思いつつも、
なんやかんやと、見続けてしまった。
三谷幸喜 脚色のこの人形劇 なかなか面白かった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

川口駅のホームって

確か、昔は今より低くて、それがある時期にかさ上げ工事が
実施された記憶があるのだが、それがいつだったか思い出せない。

確かに、ホーム階段を見ると、ホームから上がる1段目の段差が小さいのだ。

その頃だったか、103系がたまに走ってた記憶があるので、
ちょうど201系への切替時期だったのではないかと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

大橋ジャンクション通ってきた

連休も終わりということか、首都高はガラガラ。

10時30頃、戸田南から入り、5号池袋線
料金所では、ETCレーンが1つ、車が止まって行列ができてました。

あとは、板橋JCTから山手トンネルへ入り、大橋ジャンクションから首都高側へ

大橋ジャンクションは今回初めて通ったんだけど、
とにかくグルグル廻って、
何周したのか全く分からないけど、すごく長く感じられた

三宅坂、竹橋、江戸橋、箱崎、小菅の JCT、すべて快調!

6号線では東京スカイツリーも見えたし、
ちょっとしたドライブを楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢部謙三の音楽

警部補 矢部謙三

このドラマ、STには、
TRICKのテーマをアレンジしたものが使われたりしてますね

仲間由紀恵が登場する場面では、
あ、TRICKで使用されてるものだ! とすぐにわかる
印象的なフレーズが!

奇妙で不可思議で、しかもおかしいという、
ドラマの雰囲気にピッタリですね

どちらも、辻陽 さんが音楽担当

オフィシャルサイト

調べてみたら、富豪刑事の音楽もこの人だったんですね
あのテーマ曲も、すごく大仰でインパクトがあったな~
でも、どんな曲だったか思い出せない(^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

2010年春ドラマの視聴率

今季のドラマ視聴率を確認したらば、結構視聴率高いじゃないですか

http://dramanews.net/kibetu201004.html

確かに面白いドラマが多いと思う

初回トップが新参者

やっぱ、東野圭吾とか阿部寛ということで期待度が高かったんでしょうね

まだ、原作読んでないんだけど、
1話1話、阿部扮する加賀恭一郎の鋭い洞察力によって、
最終的には、容疑をかけられた人たちの無実が証明されるんだけど、

+下町人情みたいなものが加えられているという
なかなか面白いドラマだと思う。

それから、臨場 チームバチスタ2 は、面白いね。

チームバチスタ2は初回低めだったものの、2回目から
少しアップして安定して推移してます。
西島秀俊なかなかいいすよ

 

上戸彩主演で、視聴率が心配された 絶対零度  は、意外と調子がいい。
チームバチスタ2より少し高い。

 

やっぱしね、前にも言ったけど、
上戸彩が明るくはしゃぎすぎなのと、根性入れすぎのドラマは
しらけるからダメ

今回の絶対零度は、すごく面白いってほどではないんだけど、
でも、上戸彩の明るさをほどほどに抑えた感じがいいと思う。

 

あと警部補 矢部謙三 も時々見てるかな
貫地谷しほりは、ちりとてちん でも思ったけど、
コメディに向いてると思うね
大河ドラマ 龍馬伝の 千葉佐那役もなかなか、よく演じていると思ったな

あと、視聴率そこそこのものも色々あるけど、ばっさり切りまして、


視聴率は低いけれど、 女帝 薫子   を見ております。
まあ、あまり好きなタイプのドラマではないのだけど、
黒川智花さまの応援の意味で見ております。


それから、三代目 明智小五郎~今日も明智が殺される~
ですね。
これは、小池里奈さま応援活動の一環です(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

谷村美月さん出演の舞台公演

2番目、或いは3番目

忙しくてチケットのこと忘れてまして、今日あわてて調べてみたら、
下北沢 本多劇場の土日祝日の公演、 

チケットピアでは、すべて完売! ガーン~~~~~

仕方なくローソンチケットで調べたら、1日だけあった!
初めてなものであわてて登録して、予約完了!
あーよかった

すぐあとに確認したら、×になってた。あーよかった

この舞台は、ナイロン100℃  という劇団の公演で、
私は全く知らないのだが、
あ、大倉孝二は知ってる

とにかく谷村美月さんがゲストとして出演すると言うことなので、
どうしても見たいのだ!!

そのほか、小出恵介くんなんかも出演するようですね。

本多劇場へ行くのは初めてだし、なんだか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

久々に たかじん胸いっぱい

を見たのだが、局はテレビ埼玉ですが、

お、ほしのあきが出演しとる。

まあ、それはいいとして、

なんと、今日は、眞鍋かをりさんの事務所とのトラブル問題が取り上げられてまして、
眞鍋やゆうこりんが所属していた アヴァンギャルドと
アヴァンギャルドが脱税容疑で家宅捜査を受けた後、アヴィラに移籍。
アヴィラとアヴァンギャルドの代表は同じらしい。

月給の一部を業務委託料として、180万円を母親の会社、
マナベ電子工業 に支払っていたことについては、修正申告したことらしい。

ただ、月給420万円というのは、本当だろうかという疑問を呈していた。
この事務所はケチなことで有名らしい。
ほしのあきも、グラヴィア仲間から聞いたことがあると言っていた。

ま、そんなわけだが、眞鍋かをりもここを乗りきってほしいね。
私は、眞鍋かをりがテレビに出て、いろいろコメントするのが聞きたいんだよね
他の人ではなんか物足りないんだよな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »