« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

クラシック大人買い

というか無駄遣いというのか

久々に秋葉の石丸でクラシックのCDでも見ようかと思ったら
あれ? シャッターが閉まってる...
どこ行った???
道路を隔てた向かい側、ソフト館に移動したんね

クラシックは7階だったかな

店内では、チャイコフスキーの交響曲第4番がかかってたが
誰の演奏家わからない

さて、本日、購入したのは、

J.S.Bach の平均律クラーヴィア曲集 第1巻
ポリーニと シフと アシュケナージ 

それから、グレングールドのベートーベンのピアノソナタ 全部

平均律クラーヴィア曲集を買ったのは、
グレングールドの演奏と比較するため、という理由なので、
結局みんなグレングールドがらみじゃんか (=⌒▽⌒=)

それにしても、古いCDでも値段変わらないんだよね
高いよ~~~

合計 2万4千円くらい使ってしまったよ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

飛び出せ科学くんに 麻木、眞鍋

飛び出せ科学くん  に麻木久仁子ママが登場

元々の面子が深夜番組枠ぽかったけど、
ここへ来て、ゴールデンらしい出演者を出しててこ入れなんでしょか

さすが、麻木久仁子さんは、言いコメント出すね

マネしちゃいけない化学実験 のコーナーでは、眞鍋かをり 嬢が登場
やっぱり、科学と言えば眞鍋かをりだよね
って、文系だけど

でもね、言いコメント出すんだよ

今回、衣装はセーラー服だったけど、
やっぱオーバーニーにしてほしかったな

でもね、ちょっと彼女痩せた感じがして、心配。
脚のアップがあまりなくて、スカートの丈が長いので
はっきりは見えなかったけど、どうも細いような気がするのだ。
もしかすると、脚露出できない状態なのか?
あー心配だな

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ハンマーセッション! 第3話

ハンマーセッション! 第3話
モンスターペアレントとして荻野目慶子登場

この前は、ハガネの女でもモンスターペアレントやってましたね
いや、実は、ハガネの女は第3回~最終回まで、さっき録画したのを見た所なんで、
自分にとっては「この前」じゃないんですが、

それにしても、ハガネの女の吉瀬美智子って、なかなか良かった
ライアーゲームでは脇役ながら存在感がり、
ブラッディー・マンディでは、嘘かホントかか判らない怪しさが魅力で、
今回は体当たりの熱血先生役で主役。
どの役も演技が光ってるよ

今調べてみて、のだめカンタービレ のエリーゼ役がこの人だった事を知った。
そうだったのか~~

ところで、最初の方のシーンで、保健の先生が、「テヘっ」って言うところがあったけど、
判りました? あれ
女王の教室で、志田未来が時々やってたせりふなんですよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新スカイライナー車窓の風景

新スカイライナー車窓の風景です

まずは、印旛日本医大駅通過後、
高速進行で 160km/hに加速するところ
しばらくすると印旛沼が見えてきます。

そして、成田湯川駅を通過後、JR成田線との併走区間に入り、
E217系を追い抜くところをご覧いただけます。
新幹線が総武横須賀線との併走区間で追い抜く場面には時々遭遇しますが、
これは、いわば在来線どうしで、速度差50km/h以上はあるという
これまでにない画だと思います。

そして、こちらは上り
成田湯川駅までは単線区間を走りますが、
駅構内で38番分岐器を通過します。

160km/hという速度ながら、非常にゆっくりと線路が
別れていく様子がわかります。
ほとんど横Gが感じられませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

新スカイライナーに乗車

新しい京成日暮里駅ホームに進入してきた新スカイライナー
向かって右手が1番線で通常の電車、
左側がスカイライナー用の2番線

P1030092

日暮里駅に停車中の新スカイライナー

P1030093

スカイライナー内部

P1030100

新巣かライナーのデッキ

P1030125

これは成田空港第一ターミナルに停車中の新スカイライナー

P1030123

これははじっこね。

P1030124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

フジテレビに東京タワー

フジテレビ、東京タワー、テレコムセンター

さて、ここはどこでしょう???

Ftv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼け雲に2本の筋

2010年7月20日 東京の夕暮れ

夕焼け雲に2本の筋が出現
なんだろう???

P1030068

正体が見えた
遠くにある積乱雲が、夕日を受けて赤く光る高層の雲に
影を落としていたのだ

一見放射状に見えるが、これは、平行であるはず

P1030073

P1030074

かなり赤くなってきた。

左側の雲はS字になって、どんどんしぼんでいった

P1030077


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

エトピリカ

という合唱曲を高校3年のクラス対抗の合唱大会で歌ったのだけど、
最近、その曲がときどき頭に浮かぶのである。

記憶はかなり鮮明だよ。
ピアノ伴奏まで思い出す。
もう、30年も前のことなのだけど...

確か、海鳥の詩 だったかな?

あともう一曲が、タイトルわすれたけど、

そんな風景はどこですか~~
名も知らぬ駅があって、古い蒸気機関車がころがっている...



| | コメント (0) | トラックバック (0)

新スカイライナー

走り始めたんだね

昨日、7/18、首都高川口線から、
荒川橋梁を渡る新スカイライナーを見たよ
上半分くらいしか見えなかったけど

一度、乗ってみたいな~
用事無くても乗ってみたい

北総線内は、130km/hなんだってね
印旛日本大学から先なのね、160km/hは。
ほくほく腺と同じく、高速進行 があるんだな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

しくしく

せっかく、チケットが入り、谷村美月ちゃんを見ることができる
と楽しみに待っていたのに、下北沢

よりによって、この日に仕事とは、とほほ...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

いびきがひどい

どいうやら、自分はいびきがひどいらしい。
どうも睡眠時間をとってもとらなくても、頭がぼやけた感じがするし、
眠いと思って無くても、仕事中瞬間的に眠りに落ちることがある。

というわけで、睡眠時無呼吸症も疑われるのである。
実際、ICレコーダーで録音してみると、なかなかひどいいびきである。
呼吸が止まったかどうか、はっきりとは確認できなかったが、
いずれにしても、酸素を十分取り込めない状況のように思えた。

しかし、医者に診てもらう時間もなかなか取れない。

そうしたときに、最近、ためしてガッテンで、睡眠時無呼吸症の原因が、
下あごが重みで気道をふさぐことにあると解った。
そこで、



これと鼻孔拡張テープを併用すして、IC レコーダで録音。
割といい感じ。確かに、いびきが減ったようだ

もう少し評価してみることにする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年夏ドラマがはじまる1

例によって、週末に録画で見ております。

さて、まずは、
恐竜SFドラマ プライミーバル  第3章
SFなんて、つっこもうとすれば何でもつっっこめるけど、
それじゃあSFは見れない。(あえて、ら抜き)

話とぶけど、私は ら抜きにはそれほどこだわらない。
あと、20~30年で、ら抜きが普通になる。

そもそも、「られ」に多くの意味がありすぎることで、
文脈から区別しにくいことも多く、それが不便だとみんなが
感じているからこそ、「ら抜き」が起きる。
言葉はそうやって変化していくものだと思う。

さて、話は飛んでしまったが、
レスターの嫌みな感じと面白くないジョークはなかなか好きです。
それと、あれ? なにげに、コナーとアビーって同棲しちゃってるの?

ハンマーセッション!

速水もこみち、いいじゃん。なかなか面白いね。
志田未来ちゃんも出てはるし、

美丘が-君がいた日々-

最後まで見るかどうか探りながら見てたけど、結局見ちゃったね
やっぱり、吉高由里子って、ああいう役合うな~
なんか癖にな

ホタルノヒカリ2

これが問題でね、前作では結構楽しみに見てたんだけど、
時代の空気があのときと変わってしまったせいなのか、
あまりピント来なくて、今シリーズは見続けるかどうか微妙なところ
あ、ゲゲゲの向井理くんは、このドラマにも出てる

逃亡弁護士

上地の存在感がいまいちで、弁護士らしくないのが難点だけど、
逃亡ものって何となく引き込まれるところはある
という訳で見る

鉄の骨

これは5回シリーズなんだけどね、けっこう見てて引き込まれた
小池徹平くん かわいいし
談合って、実際にあんな風に行われるんですかね
おれの知り得ない世界だな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

雨は降れども

梅雨じゃないよな~この天候

だいたい、梅雨前線が本州から南に離れてしまってるから、
じとじとと雨が降り続けるようなことがない。

上空に寒気が入り込んでるために、
局地的に急激に雨雲が発達して、ゲリラ豪雨となったり、
時々、低気圧が通過したり。

ゲリラ豪雨の発生は、雨量レーダー を見てるとすごく判るね

雨が強いところが真っ赤に表示されるんだけど、
それが、ある一定の狭い範囲でどんどん大きくなっていく。
先日の東京でのゲリラ豪雨のときも出張先で見てた。

そのほか、筋状になった雨の強いエリアが、その筋の方向に
沿って移動していくパターンも、決まったエリアに連続的に
強い雨が降り続けるために、洪水や土砂崩れなどの災害が発生
しやすくなる。

雨量レーダーの地図では、瞬間的な雨量を表現してるけど、
それぞれの地点で時間積分すれば、総雨量の目安になって、
災害発生の危険度の目安になるだろな。

ただ、いつからいつまでの間で積分するかということを指定するのも
面倒なので、IIR フィルタ的な計算方法で表現してもよいかもしれない。
つまり、ある時定数で減衰していくような足し合わせという方法だ。

あれ、なんか気候の話からそれてきてしまったな

そういえば、今、ゲリラ豪雨への対策として、
もっと解像度の高い雨量レーダーを構築しようとしてるって話を聞いた。
雨量レーダーの画像は、今後ますます、個人個人でも活用されて
いくものになると思うな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »