« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

おにいちゃんのハナビ

amazonで買ったのであありますが、
いっしょに買ったのがこれである。

バッハ 平均律クラヴィーア集 2 の楽譜

なんか、弾けそうな感じの曲もあるんだよね~

でも、やっぱり無理かもしれないが

基本的に青い表紙の楽譜はレベルが高いんだもんね

P1060312


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

1/fゆらぎ とリラックス

1/fゆらぎでリラックスする

とよく言われてますが、WikiPedia によると
人間に対する生理的効果については実証されているとはいえないそうだ。

しかし、私は、ありうる! と思っている

そもそも、なぜ、1/fゆらぎで リラックスするのか?

ネットを見るといろんなことが書いてある

自然界の持つリズムだから・・・・・
人間の心臓の鼓動や脳波が持つリズムだから・・・・・

はっきり言ってよく理解できない説明である。
一体、何が「だから」なのだろう

私が思っている理由は、
人間は、外敵を察知するために、
1/fゆらぎを判定する能力が備わっている

ということである。

特に音!

夜の暗闇の中で、草木が風に揺れる音、水のせせらぎが聞こえる状況を想像してみよう。
それらの音は、1/fゆらぎを持っている。

ところが、捕食者が近づいてきたとしよう。
捕食者の動きによって発生する音によって、1/fゆらぎがくずれる。
それは、逃げろ! のサインであり、体は緊張状態となる。

おそらく、
これは人間が「気配」 として感じるものの一つではないかと想像する。

以上の説明は、少なくとも、「自然界の持つリズムだから」とかいう理由よりは、
納得しやすいのではないかと思う。

1/fゆらぎ の崩れが認識するの能力があれば、
たとえ、捕食者の移動によって発生する音が、草木の音や、水の音に紛れていても、
検出できる可能性があることになる。

この説明が正しいとすると、ほかの動物にも同じ能力があることは当然だと思える。

逆に、捕食者のほうも、
1/fゆらぎを意識した動きをしようとするはずだ。


ライオンやチーターが草むらに隠れながら草食動物に近づくときの動きを解析してみると、
きっと、興味深い事実が明らかになるに違いない。

彼らは、決して一定のリズムでは歩かない。
少し動いては止まる。
しかも、その間隔や動く速度もいろいろ変化するはずだ。

それは、草食動物の側が、1/fゆらぎ からのずれを
検知する能力を持っているからだと考えられる。

以上の私の考えについて、すでに検証している方がおられるのかどうか分からないが、
ぜひ、やってみていただきたいと思う。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »