« 未来卵 | トップページ | 絶対音感の劣化 »

2014年12月 2日 (火)

月の大きさ

という乃木坂46の歌があるが、

月は、地平性、あるいは、水平性の近くにあるときの方が
大きく見える事はよく知られている。

その理由については、いろいろなところで書きつくされているが、

私が思うに、
人は、空を「天球」としてはとらえていない
ということが原因がかなと思う。

むしろ、空は地面と平行なものと感じていて、
真上よりも、地平性や水平線に近いところの方が遠いと感じている。

空に雲なんかがあるときは、特にそのように感じるはずである。

だから、地平線の近くにある月は遠くに感じられるので、
大きいと認識される、という感じでしょうか。

|

« 未来卵 | トップページ | 絶対音感の劣化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147422/60746867

この記事へのトラックバック一覧です: 月の大きさ:

« 未来卵 | トップページ | 絶対音感の劣化 »