カテゴリー「地図」の39件の記事

2011年8月14日 (日)

GoogleMap 海底谷の不思議

グーグルマップが利用できるようになって、
海底の地形も詳細に見られるようになったわけだけど、
見ているといろいろと面白いね。

たとえば、海底谷
Wikipediaで調べたら 、これがどのように形成されたかは
正確にはわかってないという。

たとえば、下の地図。
富山湾から日本海の中心へと伸びるくねくねとした谷
一体どうやってできたんだろう。

海水面が非常に低い氷河期とかに河川の浸食でできたといっても、
結構深いところまで続いてるしねぇ
それのこの谷1本だけが発達して、
ほかの谷はほとんど見えないのはなぜなんだろう?
埋もれてしまったのか?

大きな地図で見る

伊豆、小笠原海溝の北部では、何本もの谷が見られるし、
谷の合流も見られる。
ここは、海溝の深いところまで谷が続いている。


大きな地図で見る

そして、北海道十勝沖
ここも、釧路沖から日本海溝の深いところまで谷が続いている。
こういうところがどうなっているのか、
ぜひ、しんかい で探査してほしいね。

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

東海道新幹線A列からの車窓

京都タワー

新大阪から京都へ向かう途中、まもなく京都のアナウンスが入る頃
右斜め前方に京都タワーが見えてくる。
京都駅から 10km~5kmほど手前で、真北に進む区間がしばらく続くのだ
夜だとライトアップされていてきれい


名古屋駅の高層ビル群

岐阜羽島から名古屋駅に向かう間、名古屋駅の8km~6kmほど手前で、
右斜め前方に見える。
セントラルタワーズ、名古屋ルーセントタワー、ミッドランドスクエア
などの高層ビル群だ。
これも夜の方がきれいかもしれない。

ランドマークタワー

小田原から新横浜へ向かう途中、数秒間程度、
ランドマークタワーが見える区間があるのをご存じだろうか?
場所がよくわからないのだが、まもなく新横浜のアナウンスの
あとだと思うのだが

追記
Google Earthで確認したところ、
相模鉄道 西谷駅と交差する当たりと思われます
帷子川(かたびら って読めないすねw)の谷筋が海まで開けるために、
ランドマークタワーが見えると言うことのようです

新名古屋火力発電所の煙突

これがどれか分かる人は通!
名古屋駅を出て、JR在来線の笠寺駅の手前で、
車体右方向、遙か彼方に、シルバーの航空障害灯が点滅するタワーが見える。
中部電力 新名古屋火力発電所の煙突である。

そういや、笠寺のホールが、いつのまにか、日本ガイシホールと名前を変えていた


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月30日 (日)

最近のブラタモリ

最近のブラタモリ

羽田、池袋・巣鴨あたりの回、
ブラタモリの原点に戻った感じでいいと思います。

これまのブラタモリを見ていると、
NHKの力?を最大限に活用して、通常では入れないような場所を見せるという
企画が多いのですが、それはそれで、もちろん面白いとは思うのですが、

古地図を見ながら、失われた川、崖、坂、そういった地形を見ながら、街を歩くというのが、
おそらく、タモリ氏が好きな事なんだろうし、
それが伝わってくるから見てる方も面白いと思うんだね

視聴者も同じ場所をたどれるしね

おそらく、制作するNHK側としては、
タモリ倶楽部との違い出したいってのもあるんでしょうけど

Google の StreetView で
あ! ここだここだ
と確認しながら見るのもなかなか面白いですよ

NH<のサイト  にも、ロケ地が乗ってますので、参考にしてください


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

ブラタモリ第2シリーズ はじまた

ブラタモリ 第2シリーズが、始まりました

初回は築地
築地って、そうか、地面を埋め立てて築いたってことが由来なんだね、と初めて認識
今回もまた、久保田祐佳 アナが同行

この人は、元々はNHK静岡のアナウンサーだったが、
解体新ショーで一気に全国的に名が知られるようになった。

ブラタモリの世界には、特に初期の頃、あまり興味なさげに見えるけれど、
それはそれで面白くて、時々、ちょっとぼけたりするところも面白いのだ。

さて、ブラタモリも、最初は、失われた川をたどって、うだうだ歩くという、
タモリ倶楽部的で、おそらく、タモリの趣味を色濃く反映した
番組作りになっていたのだが、
そのうち、NHK がすべてお膳立てして、
そこをタモリが歩くという風に変わってきたように見えるので、
ちょっとタモリぽい路線とはちょっと離れたかなという感じはした。

今回のシリーズもだいたい同じような感じだが、
それはそれで、NHKの力で、普通見ることができないところ、
たとえば、築地本願寺にある地下壕だとか、海上保安庁に入れたりとか、
珍しいものが見られるっていう点は、視聴者にとっても、タモリにとっても、
よいことなのかもしれない、とも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月30日 (金)

Google MapのEarthモード

ついに、Google Mapでも、

Google Earth同様の 3D表示ができるようになりましたね
これで、Google Earthは使わなくてもよいかなと
まあ、Marsとか Moonとかは、Google Earth じゃないと使えないのかもしれないけど

で、Google Mapの地図が古いということが難点
開通したばかりの道路などは、Yahoo Mapとかを見ないとわからないのだ

ま、それはそれとして、Earth モードは面白いよ

昔は、3Dの地図なんてすごく描画に時間がかかってたのに、
瞬時だもんね
しかも実際の航空写真をマッピングしちゃうんですからすごい進歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

空から馬毛島

雲の間から、島の中央に十字が見える妙な島を見つけた。

あとで地図で調べたら、馬毛島という島だとわかった。

一時無人島になったそうだけど、
今は少し人が住んでるらしい。
電気とか水とかどうするんだろう?

P1000090


馬毛島の地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

ブラタモリ

の再放送がこの前あったので、もしやと思っていたが、シリーズ化か。

2009/10/1 午後10時~ から新番組放送である。

ブラタモリ 公式サイト

実は、HD/DVDの録画予約で、前回の放送から、
番組名での予約をずっと残してあったのだ。
2回目があっても録り損ねないようにとおもって。

説明によると第1回 「早稲田」となっているので、
2回目以降もあるということで大いに期待したい。

今回もまた、司会には、久保田祐佳アナが加わるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

首都高渋滞対策アクションプログラム

ということで、新規の道路建設だけでなく
既設道路の改造による混雑緩和の計画もあるようだ。

首都高渋滞対策アクションプログラム

個人的には、堀切小菅ジャンクションの渋滞解消に注目してるのだが、
ここは、中期計画で車線増による対策を考えているらしい。
ちなみに、中期計画というのは10年以内の実施を目指すもので、
短期は3年程度である。

現状の堀切小菅ジャンクションは、
都心方面はと、6号三郷線とS1川口線から合流して4車線となり、
平面交差して、5号向島線と中央環状線に分岐する。

ここでは、三郷線から銀座方面へ行く車と、
川口線から湾岸へ向かう車が互いに車線変更するのだが、
両方とも交通量が多いのに加えて、
中央環状線が四ツ木あたりで渋滞していることが多く、
さらに合流部での速度低下を招いているように思われる。

中央環状線、四ツ木のあたりの渋滞を緩和する必要があるのだが、
あれば何で渋滞するのか、よく解らない。

計画では、中央環状線から5号小松川線へのジャンクションを
造る計画があるのだが、このままだと堀切小菅ジャンクションの
渋滞緩和にはつながらないと思う。
むしろ、私は、向島線からも小松川線へ直接つないでほしいのだが。

中央環状線て、平面での合流分岐を行うジャンクションでの
渋滞がネックになるので、環状線としての効果が出にくいと思うんだな。

中央環状線を3車線にするとか、
ジャンクションで平面交差しなくてすむように、
三郷線から向島線、あるいは、川口線から中央環状線への渡り線を
設けるとかどう?
用地とか、予算とか難しいか・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

MR.BRAIN

が始まっておりますが、(番組サイト)
なかなか面白い。
今シーズン、臨場、BOSS と、
わりと面白い刑事もの系ドラマが放送されている中、
満を持して登場した、キムタクの MR.BRAIN。
初回の視聴率はかなりでした。
最近尻すぼみパターンが多いですが、
2回目もそこそこ行くんじゃないでしょうか。

木村拓哉、キムタクの今回のキャラは、
強いこだわりを持っている所はこれまでの
多くの役に共通しているけれど、ちょっと軽めな感じ。
綾瀬はるかとのからみは面白い。
むきになるところがいいですね。
対照的に、水嶋ヒロのおどおどしたキャラも笑える。
爆笑問題 田中は科学者に見えないというか、
一体何者なのか、キャラが見えてこないんだな~。

そして、テーマ曲
Van Halen ヴァン・ヘイレンの JUMP
80年代の大ヒット曲
小林克也のベストヒットUSAで、よく聴きました。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!
TOKYO FM 金曜 23:00-23:30

をたまたま聴いたら、MR.BRAINの裏話とかやってましたが、
リフがキャッチーな曲が欲しいと言うことでこの曲に
決まったらしいのだが、
ただ、この曲を良く知りすぎている私なんかが聴くと、
音楽と画面が分離した感じになっちゃうんですよ。

知っていると言っても、実は、
歌詞も知らなければ、歌のメロディーも判らないんだけどね。
キャッチーなキーボードのリフばかり印象に残って...


第2話のロケ地は、荒川堤防
金八先生なんかでも、このあたりが使用されたと思いますが、
あっ、先週、あの堤防脇の道路、車で通ったじゃん!

バックに見える鉄橋は、
東武伊勢崎線の荒川橋梁
そして、その向こうには、
つくばエキスプレス、JR常磐線、東京メトロ千代田線の橋梁がある。
つくばエキスプレス以外は、すべて相互乗り入れしてるので、
実に様々な車両が見えるポイントです。
対岸に見える高架道路は、首都高川口線、小菅ジャンクション。
その向こうには、東京拘置所があるわけですね。

大きな地図で見る

さて、気になった点としては、
ボッ という破裂音とともに画面が白くフラッシュさせて、
場面を切り替えるのが多用されているが、
あれはすごく不快なのでやめてほしいのだ。
あの刺激は、ポケモンで問題になったのと同じような症状を
引き起こすのではないかと気になる。

あと、第2話では、
まあ、指紋の件は、やたら犯人の指紋が出てる時点で、
脳科学者でなくとも気づくと思うんだが...

ま、それはそれとして、やっぱり面白いので、次回も見るのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富津岬パノラマ写真

パノラマ写真ツールを検索したら、 hugin というソフトを見つけた。
http://hugin.sourceforge.net/download/

フリーだが、なかなかこったすごいソフトだ。
それとも、フリーだからこそ、なのか。

Pre-compiled Version (コンパイル済みバージョン)の下の
Windows をクリックするとダウロードが始まる。
英語サイトだが、インストールしたソフトは日本語表示だった。
自動的に言語を認識してるのだろう。

実に細かな設定ができるマニアックなものだが、
ほとんど自動で高品質のパノラマ写真ができあがる。
写真の重なる部分から、並びを判断し、
露出の差が出ないよう補正し、
対応するポイントを見つけて、ゆがみを補正してステッチする。

できあがったパノラマ写真を紹介しよう。

富津岬(千葉県)
 明治百年記念展望塔からの眺め
 2009/5/23 10時頃
Fitsu2a

 

鴨川市長狭(千葉県)
 林道嶺岡中央2号線からの眺め
Mieokac

 

鴨川市街地(千葉県)
 魚貝塚一戦場公園展望台からの眺め
Kamogawab

マップはこちら...

より大きな地図で 富津岬ツアー を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)